【書評】『富と成功をもたらす7つの法則』(ディーパック・チョプラ)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 ディーパック・チョプラ博士の『富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド』です。

 ディーパック・チョプラ博士は、米国の著名な医学博士です。
 代替医療のパイオニアで、心と体の医学、人間の潜在能力分野における世界的に有名な指導者です。
 その分野の著書も多数あり、世界的なベストセラーを数多く生み出しています。

この世のすべてを創造する「原理」とは?


 チョプラ博士は、人生における成功とは、「幸せが継続的に広がっていくことと、価値ある目標が実現していくこと」と定義します。

 その成功を実現するためには、私たちは、成功と豊かさ、つまりすべての良い物事が豊富に流れこんでくることに対して、もっと精神的なアプローチをする必要があります。

 物質的な存在(私たち人間のこと)が見たり、聞いたり、味わったりすることができるすべてのものを創造する際に使っている原理があります。

 その原理が、「生命の7つの法則」と呼ばれるものです。
 これらの法則の知識をもって実践すれば、私たちは自然と調和し、気軽に楽しみながら、愛情をもって創造していくことができます。

 チョプラ博士は、すべての創造のプロセスは、「自己」または神性が自分自身を表現するプロセスだと指摘します。

 すべての創造の源は、神性(またはスピリット)です。創造のプロセスは、活動している意識(または心)です。そして創造の対象は、物質的な宇宙(物質的な体を含む)です。
 現実を構成しているこれら3つ――「スピリット」「心」「体」、または「観察者」「観察するプロセス」「観察されているもの」――は、本質的には同じものです。それらすべては同じところから来ているのです。そこが純粋な可能性の場で、純粋な実現されていない状態なのです。
 宇宙の物理的な法則は、実際にはこのような活動している意識全体のプロセスです。私たちがこれらの法則を理解して自分たちの人生に適用させたとき、私たちが望むどんなものでも創造できるようになります。なぜなら、それらの法則は自然界が森や銀河や星や人体を創造するのに使っている法則と同じものなので、私たちの中の深い願望を叶えることも可能なのです。

 『富と成功をもたらす7つの法則』 第一章 より ディーパック・チョプラ:著 渡邊愛子:訳 大和出版:刊

 自然と人間の創造のプロセスは、根本の部分で同じ原理によって働いています。

 私たちが自分の求めるものを獲得する。
 そのためには、宇宙の創造原理を支配する「生命の7つの法則」に従う必要があります。

 本書は、すべてを創造する原理である「生命の7つの法則」を人生に適用して成功に導く具体的な方法をまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

「自分の本質」を知ること


 第1の成功法則は「純粋な可能性の法則」です。

 チョプラ博士は、この法則は、私たちの存在は本質的なレベルでは純粋意識であるという事実にもとづくと述べています。

 純粋意識とは、純粋な可能性です。それはそべての可能性と、無限の創造性の場です。純粋な意識は、私たちのスピリットとしての「存在」の本質です。無限な知識、無限の静寂、完全なバランス、無敵、シンプル、そして至福です。これが私たちの本性です。私たちの本質は、純粋な可能性なのです。
 あなたが自分自身の本質を発見し、自分が本当は何者なのかを知ったとき、その「自身を知る」ことの中にどんな願望も叶える能力が存在しています。なぜなら、あなたは無限の可能性で、今まで存在したものすべてと、これから存在するものすべての、計り知れない潜在力だからです。
 純粋な可能性の法則は、「統一の法則」と呼ぶこともできます。なぜなら、無限の多様性をもった生命の根底にあるのは、すべての存在に浸透しているスピリットが統一されたものだからです。あなたと、このエネルギー領域は分離していません。この純粋な可能性の場は、あなた自身なのです。そして、このようなあなたの本質を経験すればするほど、あなたは純粋な可能性の場に近づいていきます。

 『富と成功をもたらす7つの法則』 第一章 より ディーパック・チョプラ:著 渡邊愛子:訳 大和出版:刊

 自分と他人を隔てているのは、自分自身が考える自分。
 つまり、「エゴ(自我)」と呼ばれるものです。

「本当の自分(自己)」とは、その下に隠れている「純粋意識(スピリット)」です。

 エゴにもとづくパワーは、「みせかけのパワー」で長続きしません。
 一方、純粋意識を通じて大自然や宇宙に直接つながり、限界がなく永遠のものです。

「この選択は幸せをもたらすだろうか」


 第3の法則は「原因と結果の法則」です。

 原因と原因の結果、行動と行動の結果には、必ず相関関係があります。
 その理由は、一つひとつの行動が同じようなものを返すエネルギーを生み出すからです。

 私たちは存在していく一瞬一瞬において、無限の選択肢から選ぶことができます。
 いくつかの選択は意識的に行われ、その他の選択は無意識に行われています。

 チョプラ博士は、「原因と結果の法則」を理解して最大限利用するベストな方法は、一瞬一瞬において行う選択に対して意識的になることだと指摘します。

 例えば、誰かに侮辱されたとき、感情を害されて怒ったとします。
 それは、その人が怒るという選択をしたということ。

 感情を害されないという選択も可能ですが、それを選択することはめったにありません。
 条件反射のように、無意識な選択が行われてしまっているからです。

 チョプラ博士は、もし僕らが選択を行うときに、一歩引いてその選択を「目撃」したとすれば、その目撃という行為の中で、あなたは全体のプロセスを無意識の領域から意識的な領域に持ってくることができると述べています。

 この目撃と意識的な選択という手順は、あなたに多大なパワーを与えます。
 あなたが選択するとき――それがどんな選択でも――自分に次の二つの質問をすると良いでしょう。
 最初に、「私が行なうこの選択の結果はどうなるだろう?」と。答えはあなたの心の中にすぐ浮かんでくることでしょう。そして次に、「私が今行おうとしているこの選択は、自分と自分の周囲に幸せをもたらすだろうか?」。
 もし答えがイエスなら、その選択を行いましょう。もし答えがノーであれば、それを選択することはやめましょう。単純な話です。
 毎秒、無限の選択肢の中でただひとつの選択肢だけが、あなたとあなたのまわりに幸せを創造します。そしてそのひとつを選択するとき、その結果は「自発的な正しい行為」と呼ばれるふるまいの形をとります。
「自発的な正しい行為」とは、正しい瞬間に正しい行動をとることです。それは起こる一つひとつの状況に対して行なう正しい反応のことです。その行動によって影響を受けるすべての人とあなた自身を助長・育成するような行動です。

 『富と成功をもたらす7つの法則』 第三章 より ディーパック・チョプラ:著 渡邊愛子:訳 大和出版:刊

「目撃」とは、どんな些細なことでも、選択をするたびに、自分自身を客観的に見つめることです。
 慣れるまでは大変そうですね。

 大変だということは、私たちが「選択の結果」に対して無意識だった証拠です。
 ちょっとずつでも、意識して改善していきたいところですね。

「意図」が変化を引き起こす


 第5の法則は「意図と願望の法則」です。

 この法則は、エネルギーと情報は自然界のあらゆるところに存在しているという事実にもとづいています。
 人間の体も、エネルギーと情報で構成されている宇宙の中で、局在化されたエネルギーと情報のかたまりです。

 私たちには、その局在化された「場」のエネルギーと情報の中身を意識する神経システムがあり、自分の考え、感覚、感情、願望、記憶、直感、信条として主観的に経験します。

 さらにチョプラ博士は、人間の神経システムは、場のエネルギーや情報に意識的になれるというだけでなく、自分の物理的な体を構成している情報の中身を意識的に変えることができると指摘します。

 あなたは自分の「量子物理的な体」のエネルギーと情報の中身を意識的に変えることができるので、あなたの「拡張された体」――あなたの環境や、あなたの世界――のエネルギーと情報の中身にも影響できるのです。そしてその中で物事の実現を引き起こします。
 この意識の変化は、意識の中に備わっている二つの性質――注意と意図によって引き起こされます。注意は活気づけ、意図は変化を引き起こします。
 あなたの中で注意を向けたものは何でも、あなたの人生でより強化されます。あなたが注意をそらしたものは何でも、弱まり、崩壊し、消滅します。
 一方、意図はエネルギーと情報の変容を引き起こします。意図はそれ自身を叶えるために物事を組織化するのです。
 ひとつの成功法則が他の成功法則に続き、注意の対象に向けられたあなたの意図の質が、その意図された結果をもたらすために、無限数の出来事を組織化していきます。これは「注意」という肥沃(ひよく)な土地の中で、「意図」が無限の組織力をもっているからです。
 無限の組織力とは、無限の数の時空間の出来事をすべて同時に組織する力のことです。私たちはこの無限の組織力の表現を草の葉の中に見ますし、リンゴの花が咲く中や、私たちの体の一つひとつの細胞の中に見ます。私たちはそれをすべての生き物の中に見てとることができます。

 『富と成功をもたらす7つの法則』 第五章 より ディーパック・チョプラ:著 渡邊愛子:訳 大和出版:刊

 人の神経システムは、外からの情報を受け取る働きだけではありません。
 注意や意図の力により、自分の周りの「場」自体に影響を与えて変化させる機能もあります。

 人は、避けたいことや起こってほしくないことに気を向けてしまいがちです。
 それは無意識のうちに、避けたいことや起こってほしくないことを引き寄せるということ。

「現実を作り上げているのは、自分自身の意識である」

 そのことが、この法則によって説明されます。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 現代社会は、科学技術の進化によって支えられています。
 ニュートンの導き出した「万有引力の法則」など、この宇宙は、寸分の狂いもない物理法則から成り立っています。

 しかし、ここにきて科学技術至上主義が行き詰まりを見せています。
 技術の進歩が、必ずしも人間を幸せにしないということに多くの人が気づき始めています。

 自然科学的な物理法則に代わる新しい「宇宙の法則」を当てはめる。
 それが閉塞(へいそく)を打ち破る大きな突破口になるでしょう。

 そのためには、チョプラ博士がいうように、もっと精神的な方面からのアプローチが必要があります。
「生命の7つの法則」を有効に活用して、よりよい世界にしていきたいですね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA