【書評】『「引き寄せスパイラル」の法則』(奥平亜美衣)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 奥平亜美衣さんの『自分を受け入れた瞬間、何かが起こる! 「引き寄せスパイラル」の法則』です。

 奥平亜美衣(おくだいら・あみい)さんは、主婦であり、ブロガーです。
 奥平さんは、2012年に出会った一冊の本をきっかけに、「引き寄せの法則」を継続して実践したところ、現実が激変し、人生が変わり始めたとのこと。
 その経験を伝えるために立ち上げたブログ「人生は思い通り」は、わかりやすい引き寄せブログとして評判となっています。

「引き寄せスパイラル」で引き寄せが加速する!


 最近、いろいろなところで聞かれるようになった「引き寄せの法則」という言葉。
 実際に何度か試してみたけれど、少しも効果を感じられかったという人も多いかもしれませんね。
 奥平さんは、それは今まで「引き寄せ」に対する誤解があったり、それを実践する方法に間違いがあっただけだと述べています。

 二年前、自ら考えついた「引き寄せスパイラルの法則」を実践するようになってから、奥平さんの人生は一変し、夢や願いが、苦労することなく、次々と叶うようになり、豊かに幸せに自由な人生をいとも簡単に手に入れられるようになりました。

「引き寄せスパイラル」に入ると、望むことが、私めがけて向こうから歩いてくるような感じがして、引き寄せがどんどん加速し、もう止められない大きな波に乗っているような感覚を覚えたとのこと。

「引き寄せスパイラル」に入るために必要なことは、たった一つ。
 とにかく「自分」、に自分の思考を向けるということ。そして自分を肯定し、自分に愛を注ぐことです。

 本書は、引き寄せのパワーを何倍にもする「引き寄せスパイラルの法則」を解説した一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク           

「見えないザル」が幸せを決める!


「引き寄せ」で「いいこと」だけを引き寄せよう、と思っている人は、出発点が間違っています。
 それは、「いいこと」が私たちを幸せにしてくれるわけではないからです。

「引き寄せの法則」というのは、「自分と同調するものが自分に引き寄せられる」、というものなので、「まずは自分が幸せにならなくてはいけない」ということ。
「いいこと」が「幸せ」を運んでくるのではなく、「幸せ」が「いいこと」を引き寄せるということですね。

「引き寄せの法則」が働く基本的な仕組みの大前提として、宇宙からは常に、「愛と幸せと豊かさの無限のエネルギー」が流れてきています。
 つまり、「幸せであること、豊かであること」というのは自然な状態であるということです。

 それにもかかわらず、私たちが「いつも幸せ」だとか「豊か」だと感じられない原因は、「見えないザル」にあります。

 宇宙からの幸せと豊かさのエネルギーと自分の間には、見えないザルのようなものがあり、その流れの調整弁となっています。
 この見えないザルの「ザルの目」は、あなたの気分次第で開いたり閉じたりします。あなたが“いい気分”でいればいるほど、あなたの発するエネルギーは、宇宙からのエネルギーと質が近いものとなり、それらが同調し、混じり合おうとします。
 これがザルの目が開いている状態で、この状態をできるだけ保っていると、宇宙のエネルギーがあなたに流れ込んできて、幸せや豊かさを受け取ることができるのです。

 このように「引き寄せ」とは、その幸せと豊かさのエネルギーができるだけ自分に届くように、自分の状態を整えておくことだ、とも言えます。
 こう聞くと、「引き寄せ」は欲しいものをイメージングしてそれを現実化することだと思っていた人には意外かもしれません。
 しかし、「引き寄せ」の本質とは、自分ができるだけ「いい気分」でいられるようにしておくことであり、このことが、「引き寄せ」において何よりも大切なことなのです。

 『引き寄せスパイラル」の法則』 プロローグ より  奥平亜美衣:著  大和出版:刊

幸せや豊かさを受け取るザルのしくみ
  図.幸せや豊かさを受け取るザルのしくみ
 (『「引き寄せスパイラル」の法則』 P25 より抜粋)

 引き寄せるのは、モノではなく波動(エネルギー)です。
 自分が“いい気分”でいればいるほど、宇宙のエネルギーの波動と同調して、より多くの幸せと豊かさのエネルギーを受けとることができるということですね。

そこに他人はまったく関係ない


 引き寄せを加速させ、より望む現実を実現させるために必要なのが「自己肯定力」です。
 奥平さんは、「自己肯定」はあなたの引き寄せ力を高め、あなたの夢を実現し、望む人生を幸せに生きていく為に不可欠なことだと述べています。

「自己肯定」と聞くと、「自分を好きになることだ」と思い浮かべる人が多いかもしれません。
 自分を好きになる、自分を愛することが簡単にできればそれに越したことはありません。しかし、ただ「自分を好きになってください」と言われても、難しいと感じる人は多いでしょう。自分を好きになることは、もちろん素晴らしいことなのですが、無理に自分を好きになろうとしてもよい結果になりません。
「自分を好きになるなんて無理だ」そのように思う人は、まず、ただ自分に自分の注意を向けること、自分のことを考える時間を増やしていくことからはじめてみてください。「自己肯定」というのは、「自分を好きになること」だけではなく、次のようなことを含んでいるのです。

  • 自分に注意を向け、自分を知り、自分の本当の望みを知ること。
  • 自分の喜びは何なのか、何に幸せを感じるのか、何が好きなのか、何がしたいのか、どうすれば心地よいのかを知り、できるだけそれに沿って行動すること。つまり、自分を満たすように心がけること。
  • 自分の考えや行動を自分で決め、そして自分で決めたことを信頼すること
  • ありのままの自分を無条件に価値のある存在だと認め、自分で自分に自信を持つこと
  • 自分で自分の中のいい面に目を向け、どんなときでも自分の味方になること
 (中略)
 自己肯定とは、自分で自分のことを知ったり、認めたり信頼したりすることなんだな、ということだけをここでは押さえておいてください。
 ただ「他人は間違っていて、自分が正しい」と思うことではない、というところは注意してください。また、「他人と比較して、自分が優れている」と思うことでもありません。そして、「他人の評価によって自信を得る」ということでもありません。
 自己肯定に他人は一切関係ないのです。自分が自分をどのように思うか、どのように扱うか、それだけなのです。

 『引き寄せスパイラル」の法則』 第一章 より  奥平亜美衣:著  大和出版:刊

「自己肯定力」を高めるためには、まず、自分自身に注意を向けて関心を持つこと。
 現実世界で、望むものを手に入れるためには、自分の「外」ではなく「内」に注意を向ける。

 一見矛盾しているようにもみえますが、「引き寄せの法則」の仕組みをしっかりと理解すれば、それが当然であることがわかりますね。

「もの」ではなく「やりたいこと」は何かを考える


 自己肯定のはじまりは、まず「自分を知ること」です。
 何を望んで何を望まないのか、何に満足していて何が不満なのか、自分の本当の気持ちを把握することが大事です。
 そこに世間の常識や他人からみてどう思われるかなどの判断は入れてはいけません。

 奥平さんは、夢や望みについて考えるときのコツについて以下のように述べています。

 夢や望みというと、「◯◯が欲しい」「◯◯を所有したい」という「もの」が出てくる人もいるかもしれません。しかし、まず、「もの」ではなくて「あなたのやりたいこと」「あなたの実現したいこと」は何なのかを考えてください。
「もの」を求めることがいけないわけでは決してありません。あなたの欲しい「もの」、それも制限する必要はまったくなく、欲しいものは欲しいと素直に認めたらよいのですが、「もの」そのものはあなたの幸せにはなり得ません。
 幸せは必ず「あなた」の中にあるので、まず「あなたのやりたいこと」について考えていくのです。
「もの」については、一時的な楽しみ、嬉しさは得られるかもしれませんし、それはそれで素敵なことなのですが、それを得てもそれであなたが「幸せ」になる、ということではありません。しかし、あなたが「やりたいこと」を実現していけば、あなたは必ず「幸せ」になります。そして、あなたは「幸せ」になれば、さらなる「幸せ」を引き寄せていけるのです。

「自分のやりたいこと」を考えたときに、「これが夢なんです」「こういうことがしたいんです」とはっきり言える人はいいのですが、なかなか子供の頃のように自分の夢に素直になれない事情がみなさんそれぞれあるかもしれません。
「やりたいことがわからない」「こうしたいけど家族がいて・・・・・」「これが夢だけど私にはできるのかしら・・・・・」などといった思いを抱えている人は多いでしょう。
 私の開催するワークショップでも、こういった悩みをよく聞きます。「夢」というと大きく聞こえる場合は、小さいことでもいいので自分は何をしたいのか、何をしたら喜ぶのか、何をしているときが楽しいのか、どんな生活が理想なのか、それを考えてみてください。
 何度考えてもどうしても思いつかない場合は、まず、今日の夕飯に何を食べたいか、というところからはじめてみましょう。

 『引き寄せスパイラル」の法則』 第二章 より  奥平亜美衣:著  大和出版:刊

 大人になって経験を積み重ねるほど現実的になり、自分の夢に素直になれなくなります。
 自分の夢は何なのか、自分でもわからないという人も多いのではないでしょうか。

「引き寄せ」は、自分のなかの「〜したい」「〜になりたい」という願望が核となります。
 まずは、身近な小さいことから見つけたいですね。

「どう思われるか」なんてどうでもいい!


 自己肯定ができるようになるためには、自分を満たし、自信を持つことが必要になります。
 そのために邪魔になるのが、「思い込み」です。

 例えば、「自分の幸せは周りの人に左右される」というのも、単なる思い込みにすぎません。
 他人が自分に向けた否定、批判は、相手の問題であり相手の自由です。
 ただ、それらを受けとるか受けとらないかは、自分の選択次第だということ。

 他人にどう思われるかを気にしないということは、他人の意見をまったく聞かず、ただただ我が道を行くということではなく、他人の意見の中から自分に必要なものだけを自分が選びとるということです。
 あなたにとって必要な他人の意見とは、あなたがいい気分になれたり、あなたが前向きになれる意見です。あなたにとって良い現実を引き寄せるのは、あなたがいい気分になっているときなのですから。
 つまり、自分がいい気分になれたり、自分の夢を後押しする他人の言動はあなたの為になっていますが、それ以外はあなたの為になりません。
 あなたの為にならないものは「ああ、あの人はそう思っているんだな」と、他人の意見として流すか、プロローグでも申し上げたように、マイナスではなくゼロかプラスの状態になれる思考を自分自身で見つけていけばいいだけです。
 他人があなたに、何か否定的な言葉を浴びせる場合、間違いなく相手のザルの目は閉じています。そして、心配や恐れや嫉妬などのネガティブな感情が支配的になっており、愛を感知しにくい状況になっています。
 そしてその不安から、あなたをコントロールしよう、支配しようという思いが生まれているのです。そうした言動を、あなたはあなたに取り入れる必要はまったくありません。それに影響を受ける必要はどこにもないですし、ましてや戦う必要などありません。
(中略)
 自分がどういう人間なのか他人の判断に委ねてはいけません。他人の言動はあなたの本質とは何の関係もありません。あなたが、自分はこんな人間だ、こんなことが好きで、こんなことが嫌いで、こんなことができて、こんなことができない、それを知っているだけでいいのです。

 『引き寄せスパイラル」の法則』 第三章 より  奥平亜美衣:著  大和出版:刊

 他人の感情をコントロールすることは誰にもできません。
 でも自分の感情は、考え方やとらえ方の選択を変えることでコントロールすることが可能です。

 他人の言動は気にし過ぎてもいいことはありません。
 大事なのは、「自分がどう感じるか」です。
 自分自身が「いい気分」でいるためにはどうすればいいか、という視点から日常の出来事をとらえる習慣を身につけたいですね。

スポンサーリンク           

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 世の中の「真理」と呼ばれるものは、すべて単純で明快な法則で成り立っています。
 そして、ニュートンの発見した「万有引力」のように、本質的な当たり前なことほど気づくのが難しいものです。
「引き寄せの法則」も、その中の一つといえます。

 宇宙からのエネルギーを受けとるも受けとらないも、自分の気持ち次第。
 いいことも、悪いことも、すべて自分の心の状態から引き寄せられている。
 気づくまでは大変ですが、いざ気づいてみると「何だ、こんなに簡単なものだったのか」と思うのが真理なのでしょう。

 この世の中はいかに単純に、精巧につくられているか。
 それを改めて考えさせてくれる「引き寄せスパイラルの法則」。
 ぜひ皆さんもお試しください。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA