【書評】『神様が教えてくれた 宇宙とつながる片づけ方』(日下由紀恵)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 日下由紀恵さんの『神様が教えてくれた 宇宙とつながる片づけ方』です。

 日下由紀恵(くさか・ゆきえ)さんは、スピリチュアル心理カウンセラーです。
 相談者の魂とアクセスする「魂のアクセス・リーディング」カウンセリングが話題となり、日本だけでなく、海外でも注目を集められています。

「片づけたい!」は、魂からの衝動


 日下さんは、「片づけたい!」という思いは、私たちの人生のステージがワンランク上がるときに起こる魂からの衝動で、これまでの執着や「こうでなければいけない」という縛りから自分を解き放つ時期がきたというサインだと述べています。

 今から10年ほど前、私は神様とお話できるようになりました。神様は、宇宙を統括している大きなエネルギー体で、私にいろいろな宇宙の真理を教えてくれました。
 私たちには魂というナビゲーターがついていて、必ず素晴らしい未来へ導いてくれること、誰もがみな尽きることのないエネルギーを宇宙から同じだけ供給されていること、目に見えることは人生の幸せにほとんど関係がないことなど・・・・。
 物に関してんも、すべての物にはエネルギーがあり、大切にすることで魂が宿ることなどを教えてくれました。
 家、車、家具、文房具など、あなたが所有している物はすべて、あなたの持つ光をそのまま反射しています。つまり、あなたの持つエネルギーそのものです。
 ですから、気づきや学びが増えると必ず次のステージへと進むときがやってきて、好きな物、欲しい物、魅力を感じる物が変わるようになっています。それが「片づけたい!」という気持ちになってあらわれる人生の浄化ポイントです。「自分の人生を整理して、まだ使われていないエネルギーを発揮したい、本当の人生を始めたい!」という魂の叫びを感じているのです。

 『神様が教えてくれた宇宙とつながる片づけ方』 はじめに より 日下由紀恵:著 河出書房新社:刊

「片づけたい!」は、「人生を変えたい!」という内なる衝動の表れ。
 その心の叫びに応えることが、宇宙エネルギーとつながり、幸運を呼び込みます。

 本書は、日下さんが神様が教わった「宇宙とつながる片づけ方」の実践法をまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク           

「片づけたい」欲求も本能のひとつ


 片づけなければならないのに、片づけられない。
 それは、「宇宙エネルギー」が不足しているために起こるものです。

宇宙エネルギーとは、非常に高い波動を持つエネルギーのこと。私たちが毎日元気で生きていられるのは、大なり小なり宇宙エネルギーを受け取っているからです。そして宇宙エネルギーは私たちの本能とつながり、優先順位の高いほうからエネルギーが与えられていきます。
 その本能とは、「生きたい!」「危険を回避したい!」という、生きるための欲求です。そこから「眠りたい」「食べたい」「ともに生きる仲間が欲しい」というふうに枝分かれし、さらにより快適に生きられるように欲求の細分化がなされます。
「学びたい」「新しい服が欲しい」「休日にドライブをしたい」・・・・。実は、これらの欲求も本能のひとつです。そして、そんななかのひとつに「整理整頓したい」「スッキリした家で暮らしたい」という欲求が誰の心のなかにもきちんと存在しています。
 しかし、「食べること」「眠ること」「会社に遅刻しないで行くこと」などに比べると、「片づけをしたい」という欲求は、ずいぶん後に配列されています。それは、片づけができなくても、生きていくためにあまり支障がないからです。

 つまり、「片づけができない!」と嘆いているのは、あなたに宇宙エネルギーが十分にチャージされていないということ
 宇宙エネルギーを十分に受け取れていない状況だと、本能の優先順位の最初のほうにしかエネルギーが回らず、片づけたいという気持ちになかなかなれない、それが片づけられない本当の理由です。

 『神様が教えてくれた宇宙とつながる片づけ方』 第2章 より 日下由紀恵:著 河出書房新社:刊

 宇宙エネルギーを受け取れるようにする。
 そのためには、「うれしい」「大好き」「幸せ」「気持ちいい」といったプラスの感情で自分をいっばいにすることが大切です。

「片づけられない」のは、片づけにまでエネルギーが回らないくらい、心がネガティブになっている証拠。
 日下さんは、「片づけられない」ことも、大切な天からのメッセージだと意識して過ごすことが、片づけのモチベーションを上げていくカギとなると述べています。

片づけ上手になると、人間関係も整理される!


 片づけ上手になると、人間関係も変わってきます。
 エネルギーの質が良くなることで、大きな浄化の時期を迎え、人間関係も整理したくなってくるからです。

 私たちは思考することでさまざまな周波数を放っていますが、「類は友を呼ぶ」というのは、自分が発している周波数と同じ周波数の人が集まってくることです。つまり、自分と同じような考え方、心のあり方の人が、似たようなエネルギーに共鳴して寄り集まってくるのです。
 ところが、あなたのエネルギーの質が良くなり始めると、今まで気が合うと思っていた人たちと、なんとなく感覚が合わなくなってきたりします。そして、不思議なことに、さまざまな事情で会えなくなったり、急に興味がなくなったりということが起こり出すのです。
 そのことに罪悪感を抱く必要はありません。相手も同じだからです。周波数の違いが結界をつくり、自然と離れる方向へ向かいます

 繰り返しますが、片づけ上手になるためには、宇宙エネルギーをふんだんに取り込むことです。宇宙エネルギーを取り込めるようになるには、心にたまったネガティブな感情に気づいて手放し、気のパイプの通りを良くすることが欠かせません。
 気のパイプにエネルギーが流れこむようになると、あなたの周波数がぐんと上がり、片づけがしたくてたまらなくなってきます。不要な物を捨てて、身の回りをスッキリさせたくなってくるでしょう。
 片づけることが楽しくなってきたらしめたもの。あなたをさらに高く羽ばたかせる質の良い人間関係が、どんどんもたらされるようになります。

 『神様が教えてくれた 宇宙とつながる片づけ方』 第2章 より 日下由紀恵:著 河出書房新社:刊

 エネルギーの質が上がる、つまり、自分が発する波動の周波数が高くなる。
 すると、それに似たエネルギーのものが引き寄せられます。
「引き寄せの法則」の大原則は、人間関係にもそのまま当てはまります。

 来る者を拒まず、去るものを追わず。
 自然な流れに任せることが、ストレスのない人間関係を保つポイント。
 人間関係も、つねにきれいに整理整頓しておきたいものですね。

収納は「3割の空きスペース」を保つ


 日下さんは、神様から「最強のエネルギー循環を呼び込む法則」を教わりました。
 それが、「スペース7:3の法則」です。

 スペース7:3の法則とは、収納は常に7割、スペースは3割を保つということ。すると、空いている3割のスペース(=余裕)にさらなる新しい宇宙エネルギーが入ってくるようになるのです。
 たとえば、引き出しを整理するとき、どれだけキレイに整っていたとしても、新しい物を入れる余裕がない、物を定位置からずらせないなど、100%ぎっしり詰まった状態では、引き出しを開けたときにあなたを緊張状態にさせてしまいます。
 一方、引き出しのなかに3割空きスペースがあると、「まだ大丈夫」「なんとかなるだろう」という気持ちになり、あなたの心に余裕をもたらします。
 収納スペースの大小にかかわらず、7割で収まらないなら、まだ何かが不要だということ。さらに不要な物はないか探してみましょう。

「不要、古い、不慣れ」の3F(エフ)は、あなたの新鮮エネルギーをどんどん奪っていくものです。「片づけたいな」という気持ちで、今この本を手にしたあなたは、まさに浄化のタイミングがきていますから、躊躇(ちゅうちょ)せずに処分を決行して大丈夫です。
 処分される物たちも、あなたが輝くなら、捨てられてもちっとも悲しくありません。それどころか、大いに応援してくれるでしょう。
 また3Fを手にしないためには、「買わない・ためない・もらわない」が鉄則。たとえスペースが空いていたとしても、すぐ物で埋めないように意識していきましょう。

 つくり付けの収納棚がある場合、私たちの生活は、基本的に、その収納棚のスペースだけでなんとかなるようになっています。ですから、家を捜すときに収納棚の少ない家を避ける必要はありません。収納スペースに合わせた物の量で過ごすライフスタイルを考え直してみると、あなたに良い運気が訪れるでしょう。

 『神様が教えてくれた宇宙とつながる片づけ方』 第3章 より 日下由紀恵:著 河出書房新社:刊

 自分のほしい物、新鮮なエネルギーを呼び込む。
 それには、いらなくなった古い物を処分し、入ってくるスペースを空けることが必要です。

 スペースの余裕は、心の余裕もつながります。
「収納は常に7割、スペースは3割を保つ」を意識した生活を心掛けたいですね。

「キッチン、トイレ、お風呂、洗面所」などの水回りを清潔に


 水は邪気を吸い取って排出する役割を持っています。
 そのため、風水の「水」の流れが良くなると、お金エネルギーも同時に流れるようになります。

 風水の「水」の動きをあらわすものは、ズバリ血液です。私たちの血液、リンパ液などの体内液の循環です。血液は体内の不要なものをさらって外に排出すると同時に、脳に酸素をたくさんめぐらせ、宇宙エネルギーを取り込む働きがあります。
 それと同じで、水回りを常にキレイにしていると、新しい水が家全体の邪気を吸い取って排出し、満ちあふれた良いエネルギーを回してふんだんに宇宙エネルギーを取り込んでくれる役割を果たします。
 私たちが宇宙エネルギーをふんだんに取り込めるようになると、同時にお金も入ってくるようになります。お金は宇宙エネルギーを視覚化したものだからです。

 水は良いエネルギーをとどめてくれる一方で、一瞬にして邪気も吸いつけます。ですから、どんな美しい場所であっても、常に邪気がいると心得てください。そこがさらに汚れてしまっていたり、イヤなにおいがする、雰囲気が悪いといった状態だと、非常に邪気を寄せつけやすくなります。水回りの邪気は、私たちが不快に思ったその一瞬を見逃さず、あっという間に私たちのオーラに取りついて、エネルギーのテンションを一気に下げてしまいます。

 このように、水回りで不快な思いをすると運気に良くない影響を与え、金運も下がってしまいますから、キッチン、トイレ、洗面所、お風呂場など水気のある場所は、普段から清潔に保ち、なるべく水気を拭き取って乾燥させておくことが大切です。

 『神様が教えてくれた宇宙とつながる片づけ方』 第4章 より 日下由紀恵:著 河出書房新社:刊

 お客さんが絶えない居心地のいいお店のトイレは、清潔に保たれていることが多い。
 それは偶然ではないということですね。

 風水の「水」は、人間でいう「血液」と一緒。
 つねにキレイに保っておくことが重要です。
 汚れやすい水回りこそ、こまめな清掃を心掛けたいですね。

スポンサーリンク           

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 日下さんは、「一番幸せになれる人」というのは、「焦らない人」だとおっしゃっています。

 人生がうまく回るために必要なのは、宇宙エネルギーをいかに多く取り込めるか。
 宇宙エネルギーは、「安心」しているときの私たちの波動と共振し、人生の成功パワーとして機能します。
 片づかないからといって、イライラや不安を溜めると、逆に運気を下げてしまいます。

「片づけたい!」
 そういう衝動を感じたときが、片づけをする最高のタイミングです。
「宇宙とつながる片づけ方」を身につけ、気分一新、エネルギーにあふれた生活を送りたいものです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA