【書評】『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』(リリー・ウィステリア)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 リリー・ウィステリアさんの『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法 アクセスひとつで人生が輝く!』です。

 リリー・ウィステリアさんは、セミナー講師、画家、写真家、作家です。
 25歳の時、突然遭遇した心霊現象がきっかけで精神世界に目覚められます。

アクセスひとつで見える世界が変わる!


 リリーさんは、この世界にはいくつも周波数があり、自分のアクセスひとつで見える世界が変わると述べています。

 周波数とは、「エネルギー」です。
 高い周波数は高いエネルギーを、低い周波数は、低いエネルギーを持っています。

「エネルギー」と聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか?
 目に見えないため、とても曖昧な世界だと感じるのではないでしょうか。
 そして、特別な霊的能力がないと感じられないものだと思っていませんか?
 決してそんなことはありません。エネルギーは、誰にでも感じることができます。
 実際には、もうすでにあなたもエネルギーを感じているのです!
 ただ、感じていることに自覚がないだけ。エネルギーを感じていても、それがエネルギーであると意識したことがなかったり、あなたが何らか受け取っている感覚を軽視してきたりしているだけなのかもしれません。

 とても曖昧で目に見えないエネルギー。このエネルギーに意識を向けるようになると、物質や情報に溢れた今の地球上で、大切な真理、物質の本質を見失わずに生きていくことできるようになるでしょう。それは決して難しいことではなく、ふわふわした浮世離れした話でもなく、あなたの実生活に使いこなしていける実践的かつ現実的な話です。
(中略)
 エネルギーと聞くと、とても恐ろしい世界と感じている人もいるようです。かつての私もそう思っていました。確かに、地球上にはいろいろなエネルギーが存在しています。でも、安心してくださいね。
 すべての根本のエネルギーは、愛。
 私が本書でお伝えしていくエネルギーとは、宇宙の根本のエネルギーです。
 それは、とっても愛に溢れた、Light(明るく・軽やか!)なエネルギー
なのです。
 宇宙のエネルギーとつながると、とても愛に溢れた毎日へと変化していけるようになります。
 その宇宙エネルギーとつながるためには、自分自身とつながる必要があります。
 自分とつながるということは、私も1冊目、2冊目の本で書いてきましたが、今回は、「エネルギー」に特化した自分とのつながり方について書き進めていきますね。
 エネルギーを使いこなしていけるようになると、あなたのエネルギーは今より遥かに高まり、あなたの人生もますます幸せなほうへと加速していきます。

『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 プロローグ より リリー・ウィステリア:著 リンダパブリッシャーズ:刊

 本書は、日常生活でエネルギーを使いこなしてワクワクの毎日にしていくための実践的な方法をまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

今、地球は大変革期にいる!


 今、地球上が大きな変化の時にきています。
 それは、地球上のエネルギーが大きく転換してきているということです。

 リリーさんは、日々の小さな波にのみ込まれないためにも、地球上のエネルギーの大きな流れを知っておくことが有効だと述べています。

統合の時代 と 分離の時代 ピッと宇宙エネルギー 第1章
図.「統合の時代」と「分離の時代」
(『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 第1章 より抜粋)
 

 では、今の地球上がどんなエネルギーの流れに位置するのかを具体的に見ていきましょう。
 まず、地球上には大きく分けてふたつのエネルギーがあります。
 それは、統合のエネルギーと分離のエネルギーです。
 このふたつのエネルギーを長いスパンをかけて、ゆっくりと循環しているのです。

 それでは今の地球は統合のエネルギーでしょうか? 分離のエネルギーでしょうか?
 上の図を見てみましょう。今年(2017年)は、図のどこに位置しているでしょうか?
 分離の時代から統合の時代へと移行したのが2012年の12月です。図の中のちょうど真ん中の線と交わった●のところですね。ちょうどその時期、「アセンション」と騒がれたのを記憶している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 アセンションとは、「地球の次元が上昇すること」を意味しています。
 まさに、2012年が大きな大きなエネルギーの変わり目の時だったのです!
 そして、近年、地球上の人口が増加していますが、それはなぜかというと、多くの魂がこの時代の変わり目を体験したくてこの地球にやってきたいるからなのです。
 私たちの魂も、この大きな時代の変わり目を密かにワクワクと待ち望んでいたのです!

 さて、2012年に分離から統合へと移行したのであれば、2017年はもう5年も経っていますから、図の中では統合の時代の曲線のもう少し上のあたりに来ていそうですが、実際はまだまだ交わったばかりの●とほぼ同じところに位置しています。
 それでは、具体的にその図を解説していきますね。

 地球は、長いスパンでゆっくりと統合のエネルギーと分離のエネルギーとを循環しています。それぞれのエネルギーの時代を「統合の時代」、「分離の時代」と呼びます。
 その循環のサイクルは、2万6000年くらいと言われています。
 つまり、2012年に統合のエネルギーに入ったとしても、ひとつの時代が1万3000年以上ものスパンであることから見ると、今2017年もまだまだ交わったばかりの●のあたりに位置していると言えるでしょう。
 この1万3000年という数字、実感が湧きにくいかもしれませんが、たとえば、西暦0年にキリストが誕生したわけですね。つまり、2017年前に。それも、1万3000年という長いスパンから見ると、比較的今に近い時代の出来事なのです。
 想像していただきたいのですが、私たちが歴史として詳しく学んできたことのほとんどが、この図でいうと分離の時代に起きた出来事だったのです。

『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 第1章 より リリー・ウィステリア:著 リンダパブリッシャーズ:刊

 2万6000年を1サイクルとした、大きなエネルギーの流れ。
 私たちは、ちょうど、その切り替わりの時期に生きています。

「分離の時代」から「統合の時代」へ。
 あらゆる価値観が入れ替わる、不安定な世界。

 私たちは、地球の長い歴史から見ても、劇的な時代を生きているということですね。

怒りの感情は行動のエンジンに変えよう!


 私たちが普段感じている「感情」も、エネルギーの一種です。
 中でも、「怒りの感情」のエネルギーは、爆発的なパワーを発揮してくれます。

 リリーさんは、うまく活用していくと、あなたの人生が大きく躍進していくための強力なエネルギー源となると述べています。

(前略)私が最もオススメする怒りの対処法は、その怒りのエネルギーを行動のエネルギーに変えてしまうという方法です。
 怒りが起きるというのは、1ミリのくるいもなく宇宙から与えられている愛の采配です。怒りのエネルギーは、爆発的なパワーを持っています。つまり、その爆発的なパワーをうまく活用して、あなたが今までやりたかったけどこわくてチャレンジできなかったことを実際に行動していく勇気の源に変えていきましょう!
 どのようにするかというと、「何か(誰か)に向けられている怒りのエネルギー」を、「自分の行動のエネルギー」に変えていくのです。怒りのエネルギーが向けられている矢印を、あなたが本当はやりたかったことへと向けていくのです。エネルギーの矛先の方向転換です。
 ときには「くっそー!!」と思いながら突き進んでもかまいません。宇宙は、あなたが本来進むべき道を歩んでいけるように、あなたに怒りの感情を起こさせ、方向転換させているからです。いつもの自分ならできなかったようなことも、怒りがあったからこそやれてしまったということはよくあることなのです。
 たとえば、失恋をきっかけに奮起して、長い間やりたくてもできなかったことを「もういいや! 思い切ってやっちゃえ!」と突き進んでいくことができたり、突然会社を解雇されて怒りを感じていたけど、「いや、もうこうなったら好きなことをやって生きていこう!」と立ち上がったりする人もいるでしょう。まさに、ピンチはチャンスで、怒りのエネルギーは行動のエンジンへと変えていくことができるのです。
 だからいつまでも怒らされた対象に怒りを向け続けるのはやめて、本来望むべき方向へとサッと切り替えて、勇気ある一歩を踏み出していきましょう!
 すると、怒りも大切なエネルギーなのだということに、あなたはきっと気づけるでしょう。
 大きな方向転換が必要な時に、よく怒りはやってきます。それは、あなたの本当に進むべき道筋を、宇宙が照らしてくれているのです。

『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 第2章 より リリー・ウィステリア:著 リンダパブリッシャーズ:刊

 ロケットは、後ろに燃料を発射することで、前に進みます。
 怒りのエネルギーも一緒ですね。

 前(怒りの対象)に発射すれば、自分自身は後ろ向きに進みます。
 逆に、逆方向に発射することで、「自分の行動のエネルギー」として利用できます。

 ネガティブな感情も、使い方次第で、大きなプラスの力となります。
 ぜひ、有効に利用したいですね。

いろいろなエネルギーを感じ、記憶しよう!


 宇宙のエネルギーを、日常のあらゆる場面で活用して、人生を輝かせる。
 その最初のステップは、「いろいろなエネルギーを感じ、記憶すること」です。

 まずは、いろいろなエネルギーを感じるところからスタートしましょう。心地よいエネルギー、薄気味悪いエネルギー、豊かなエネルギー、雑多なエネルギー・・・・・あらゆるエネルギーを意識的に感じてみることによって、この世界にはいろいろなエネルギーが存在していることに気づくでしょう。
 今までもあなたは無意識にこれらのエネルギーを感じ取っていたのですが、感じているということに無自覚で、それがエネルギーだということにすら気づいていない人も多いでしょう。無意識だった感覚に意識を向けていくだけでも、あなたはエネルギーを感じることができるようになります。
 決して、オーラが見えるとか、肉眼で何かエネルギー体が見えるという必要はありません。「感じる」というところを強化していくことによって、あなたもエネルギーを感じるプロフェッショナルになっていくでしょう。

 今日から、あらゆる場所に行った時に、その場所のエネルギーに意識を向けてみてください。そして、どんな感覚がするのかしっかりと感じてみましょう。心地よいのか、そうでないのか、空気が澄んでいる感じ、よどんでいる感じ。パワフルな感じ、静かな感じなど、いろいろな感覚を受け取ってみましょう。
 そして、その時の自分の内側の感覚や身体感覚などをしっかりと味わい、記憶しましょう。
 特に、心地よいエネルギーを感じた場合は、あなたの全身の細胞で、そのエネルギーを味わうように、呼吸とともに思いっきりエネルギーを肌で吸い込み、そのエネルギーを思う存分味わいましょう。
 そして、家に帰ってからも、心地よかったエネルギーの感覚を思い出してみてください。あなたはきっと、離れていてもエネルギーを感じることができるのだということに気づくでしょう。
 エネルギーに意識を向けていくことで、エネルギーを感知する能力が高まりますので、これは最初のステップ、練習だと思って、続けてみてくださいね。

『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 第3章 より リリー・ウィステリア:著 リンダパブリッシャーズ:刊

 人間は、外部の情報の80%を「視覚」から得ている、といわれています。
 いかに、「目に見えるもの」を頼りにしているかが、よくわかりますね。

 裏返せば、いかに「目に見えないもの」をないがしろにしているか、の証拠でもあります。

 脳には、自分で意識した情報を「選び取る」機能があります。
 エネルギーも、「感じよう」としないかぎり、気がつかないものです。

 意識することで、気づく。
 気づくことで、意識が強まる。

 そんな好循環をつくっていきたいですね。

相手は鏡・・・・・答えは「自分の中」にある


 解決策を見つけられないまま、人間関係に悩んでいる人は多いです。
 その理由は、結局、自分自身をしっかりと見つめていないことに行き着きます。

 リリーさんは、人間関係とは、実は、自分自身との関係によって起こる現象だと指摘します。

「相手は鏡だ」という言葉を聞いたことはありませんか?
 相手が鏡だということを、少し間違えた視点でとらえている人が多いと感じましたので、ここで詳しくお話していきましょう。

 たとえば、こんなふうに誤解している人がたくさんいます。
「相手が鏡」だということで、目の前や隣に、ひどい態度の人が現れた時に、「もしかして、私が変なエネルギーを出しているからだろうか?」と自分を責めてしまう人が多いのです。
 実際は、そうではありません。
 ここは地球ですので、いろいろな性格の人が存在しています。それが個性でもあるのです。
 もし、あなたの隣にいつもイライラしている人が現れたとしても、「あ、この人は短気なんだな〜(以上)。」と思って、さらりと受け流せるならまったく問題ありません。逆に、「いつもイライラして! もっと人に気をつかってよね。大人なんだから!」とあなた自身も過剰に反応してしまうのなら、あなたの内側を見つめる必要があります。

 人間関係において、周りにいろいろな人がいてもいいのです。どんな性格の人も「この人は、こういう性格」とさらりと受け入れられるならOK。
 その人の性格に過剰に反応してしまったり、嫌悪感を感じてしまったりする自分がいるのなら、あなたの内側のまだ未解消な部分を「その人」を通して見させられているのです。

 つまり、周りにいろいろな人がいてよし。要は、自分がその人を受け入れられるのか、過剰反応してしまうのか。人間関係においても、自分自身の内側のエネルギー反応によって、答えがわかるのです。

 人間関係は、実際は、自分自身との関係です。
 人を通して、自分自身の内側を見させられているのです。
 ただ、自分の内側にその問題がないのなら、さらりと受け入れられるはずです。

 人間関係は、「自分をいかに受け入れているか」が見える鏡なのです。

『ピッと宇宙エネルギーにつながる方法』 第4章 より リリー・ウィステリア:著 リンダパブリッシャーズ:刊

 リリーさんは、目の前の、受け入れがたい人は、あなたの中の受け入れていない部分を見せてくれてるだけだと述べています。

 周囲の人の言動に、イライラしたり、憤ったりする。
 それらの感情は、あなたの内側で、まだクリアになっていない未解消で未解決な部分の表れです。

 人間関係は、「自分をいかに受け入れているか」が見える鏡。
 それを自覚するだけで、目の前の相手の見え方が大きく変わりますね。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 リリーさんは、自分自身をしっかり見つめて、自分を愛し、受け入れていけば、誰でも必ず愛のエネルギーに気づくことができるとおっしゃっています。

 この宇宙を、余すところなく包み込む、愛のエネルギー。
 あまりに身近で、ありふれているからこそ、その存在自体になかなか気づくことができません。

 世の中には、とても「愛でできている」とは思えないことや人が多いのも事実です。
 ただ、それは、私たちに「愛のエネルギー」に気付かさせるために存在している、ともいえます。

 地球は、これから1万3000年間に及ぶ「統合の時代」に入ります。

 これまでバラバラだった人や国、宗教が、垣根を越えて一つに結びつく。
 そんなダイナミックな動きの出発点に、私たちは立っています。

 自分とつながり、宇宙とつながる。
 宇宙の愛のエネルギーを味方につける。

 私たちも、そんな新時代の生き方を身につけて、思い描いた人生を、明るく軽やかに、エンジョイしたいですね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ(←気に入ってもらえたら、左のボタンを押して頂けると嬉しいです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA