【書評】『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』(リリー・ウィステリア)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 リリー・ウィステリアさんの『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』です。

 リリー・ウィステリアさんは、画家、写真家、作家です。
 25歳の時、突然遭遇した心霊現象がきっかけで精神世界に目覚められます。

あなたが一番叶えたい願いはなんですか?


 自分にとって「一番叶えたい願い」は何か。
 この問いに対する答えは、私たち自身の「魂」が知っています。

 ウィステリアさんは、私たち一人ひとりに魂があり、「今世、遂行するミッション」をもって地球に生まれてきたと述べています。
 ミッションとは、生まれる前に魂が決めてきた、この一生でのあなたオリジナルの役割のこと。

 魂はミッションを遂行するために、体を動かして行動し、心を育てながら、もって生まれたミッションを、限られた寿命の中で遂行しようとします。
 でも、私たちはそんなことをすっかり忘れ去っています。魂があるかどうかもわからないし、ミッションがなにかすらも知りません。魂がいくら「ミッションを遂行したい!」と叫んでも、頭の中の計算や、社会の常識でその声がかき消されてしまうと、私たちは自分を見失い、人生に迷い出してしまうのです。
「自分はなにをするために生まれてきたのだろう?」。そんなふうに思ったことはありませんか? そして、あなたの外側にその答えを探していませんか?
 でも本当は、あなたの内側にある魂が、その答えをすでに知っています。
 魂の声をキャッチして、自分としっかりつながることができると、人生が変わり始めます。この本で、あなたの魂のミッションの謎を紐解き、どうやってミッションを達成したらよいかを詳しくお話しますので、ぜひ実践してみてください。
 ミッションとは、一生をかけた壮大なテーマであるため、簡単には種明かしされないしくみになっています。だからこそ、あなたが乗り越えるために苦労してきたことが、実は魂のミッションと大きく絡んでいたり、あなたがチャレンジするときに「こわい!」と感じるものが、ミッションだったりします。
(中略)
 あなたが魂のミッションに気づいて歩み始めると、「こうしなければならない」生き方ではなく、「こうしたい」という、あふれる出る情熱によって人生は動いていきます。

 『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』 プロローグ より リリー・ウィステリア:著 永岡書店:刊

 魂のミッションに気づき、人生を劇的に変える。

 そのためには、宇宙のしくみを知ることが大切です。
 そして、自分自身(小宇宙)とつながることで宇宙とのつながりを深めることができます。

 本書は、誰でもできる、自分のミッションを見つけて、それを遂行する方法をわかりやすくまとめた一冊です。

 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

「ミッション」とは自分を超えた役割


 魂のミッションを遂行していると、お金があるかないかよりも、宇宙にそう行動するように突き動かされていく感覚になっていきます。

 魂のミッションとは、壮大です。地球全体がさらに愛にあふれた世界になるために、私たちは宇宙の一部として突き動かされているのです。
 ミッションを遂行しているときは、自分一人の力ではないような、1ミリの狂いもない奇跡が連続していきます。そのとき、「自分の力でやっているんだ」という感覚は消え去り、宇宙の見えない力によって突き動かされている感覚を感じることができます。
 では、魂のミッションを見つけるためには何が重要なのでしょうか。まずは「自分」にフォーカスして、自分の素晴らしさや魅力、才能に気づき、活かしていけるようになりましょう。自分をよく見ることは大切ですが、自分の力を過小評価しないことです。自分の見方を誤ると「自分にはできない」という心のブレーキを作り出してしまうことがあるので要注意です。
 また、行動するときは、「宇宙は私を通して、何を表現しようとしているのだろうか?」と問いかけてみてください。動き出す勇気が出ないとき、私は「宇宙と一体となって進もう!」と思い、宇宙に応援をお願いしてきました。求めると、宇宙は答えてくれるものです。私は人前で話すのがこわくて仕方がなくて、「自分が話すんだ」と思うとますます緊張していましたが、「私は宇宙のパイプ。宇宙が私を通して、みんなにメッセージを送っている」と思うようにしたら、途中から自分ではない誰かが話し始めるような感覚になりました。
 自分にフォーカスして、自分をよく知ったら、いざ行動するときは「自分」という感覚を解き放って、「宇宙と一体となって」進んでいきましょう。すると案外すんなり行動できるものです。
 私たちは宇宙の一部ですから、もともと宇宙と一体なのです。行動するときは、宇宙を感じてエネルギーをもらいましょう。

 『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』 1章 より リリー・ウィステリア:著 永岡書店:刊

 自分の人生に、行き詰まりや不安を感じているのなら、それは「本当の自分」を生きていない証拠。
 自分が望む人生が何か、それを知っているのは、自分自身だけです。

「できない」「無理だ」という頭の中の声は無視する。
「したい」「なりたい」という魂からの声に耳を澄ませる。

 考えるのではなく感じることが、魂のミッションに気づく秘訣ですね。

「宇宙エネルギー」と同調しよう!


 宇宙は「エネルギー」でできています。
 私たちの目にするもの、手に触るもの、そして私たち自身も、すべてエネルギーです。

 では、その「エネルギー」の正体は、いったいどのようなものでしょうか。

 宇宙の根本のエネルギーは、愛のエネルギーです。これはきれい事ではなく、宇宙の真実です。
 あなたがつながりたいと思っている宇宙は、愛のエネルギーでできているということを認識しておきましょう。
  宇宙につながるとは、特殊な能力が必要ということではなく、愛の存在になるということが重要なポイントなのです。
 自覚がなくとも、宇宙につながっている人はいます。その人は、一緒にいるだけで、癒され、元気になり、愛のエネルギーがあふれ出ている人でしょう。
 そして、宇宙の愛のエネルギーはとてもLightです。
 Lightには、二つの意味があります。「明るい」と「軽い」ですね。宇宙の愛のは、とっても軽やかで、キラキラと輝いているのです。
「最近、この人輝いているな〜」という人を見かけませんか? その人は、宇宙エネルギーとつながって行動している人です。ワクワクすることを行動しているので、魂が輝いています。その人は、きっと大変なことも軽やかにこなしているでしょう。それはその人のもつエネルギーがLightだからなのです。
 宇宙エネルギーとは、愛にあふれ、キラキラと輝き、軽やかなエネルギーです。このエネルギーを知っていると、宇宙とつながって願いを叶えやすくなります。
 よく勘違いしてしまうのが、絶対に願いをなにがなんでも叶えたいという、重々しい念を宇宙に飛ばして、願いを叶えようとしてしまうこと。その場合は、Lightなエネルギーではなく執着のエネルギーになってしまっています。
 それでは、宇宙のLightな愛のエネルギーと同調できません。だから願いがなかなか叶いにくいのです。
 もし、あなたが宇宙のLightな愛のエネルギーで日々過ごせるようになったなら、ふと思ったことがどんどん叶っていくようになるでしょう。宇宙エネルギーと同調すれば、思い通りに人生が展開していくのです! とてもシンプルですね。
 そして、宇宙エネルギーは、循環しています。あなたが息を吸ったり吐いたりして、自分の内側のエネルギーを循環させているように、宇宙のエネルギーも形を変えながらまわりめぐっていきます。エネルギーの循環がつかめるようになると、「足りない」という感覚がなくなるでしょう。豊かさも、形を変えて循環していきますし、食べ物も形を変えてあなたの血肉となります。あなたが誰かに贈った愛も、形を変えて、まわりまわってあなたの元に返ってきます。与えた人から返ってこなくても、別の形であなたのもとに返ってくるでしょう。

 『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』 2章 より リリー・ウィステリア:著 永岡書店:刊

 気合を込めて力を入れてやっても、うまくいかない。
 逆に、力を抜き楽な気持ちでやってみると、案外簡単にできてしまう。
 人生、そんなものです。

 執着や不安、恐れを手放して身軽になる。
 いつでも前向きで明るい気分でいる。

 Lightな宇宙の愛のエネルギーと同調し、願いを引き寄せるポイントです。

「ピッ」と宇宙に願いをオーダーする方法


 この世界には、いくつも周波数があって、自分がどこにアクセスするかで、見える世界が変わってきます。
 つまり、誰でも自分の意識一つで、見える世界を変えることができるということです。

 高い周波数に意識を合わせて、自分の望ましい現実を創り出す。

 ウィステリアさんが、そのために編み出した方法が「ピッと宇宙に願いをオーダーする方法」です。

 私は、自分の望みをオーダーするということは、とても大事なことだと思っています。なぜなら、自分の望みを宇宙に“意図する”ことによって自分で世界を創る感覚をつかんでほしいからです。
 オーダーの方法は簡単。ワクワクしながら世界を思い描いて、右上を見ながらピッとエネルギーを送るのです。
「ワクワク 右上チラリ ピッ!」と覚えてください。
 これは、いつやっても、たくさんオーダーしても大丈夫です。大切なのは、宇宙にオーダーして世界を創ることを、自分の習慣として根づかせていくことです。
 一つのことを何度もオーダーすると執着のエネルギーになってしまいますが、執着にならない程度で軽やかにピッ♪とオーダーするのは大丈夫ですよ。ポイントは、「絶対叶えてやるぞ〜〜〜〜〜!!」という重々しいエネルギーではなく、宇宙はLightなエネルギーですから、ピッと軽やかに「叶った♪」とオーダーすることです。身近なことからいろいろ試してみてくださいね♪ 本当にうまくオーダーできたと思えたときは、「何回もオーダーしなきゃ!」ということさえも思わなくなり、自然と忘れて願いの実現を待つことができるでしょう。
 大事にしてほしいことは、思い立ったら気軽になんでもオーダーしてみるということ。たった一回試してみて、それがうまくいかないからといってオーダーをやめてしまうのではなく、願いが叶う体験をするためにも、一日に、いろんなことを「ピッ♪」とオーダーすることが大事です。
 たとえば、「ピッ」のオーダーによって95%の確率で「スタバのお気に入りの席」に座れるようになった方がいらっしゃいますよ! その他、満員電車で座れたり、夕飯にステーキが出てきたり・・・・・。一日に、いくつでも気軽にいろんなことをオーダーしてみましょう。ピッと軽やかに。同じ願いを数回オーダーしてみてもかまいません。
 宇宙にオーダーしたら、あとはオーダーしたこと自体を忘れて、日常を楽しく過ごします。叶うか叶わないかは宇宙任せ! 宇宙はつねにベストなタイミングで采配してくれていますから。
 あなたが世界を創るとき、それが必ずやってくると信頼することが大切です。まだ宇宙を信じられなくても、いったん信じてみてください。疑うと望む世界がやってきません。宇宙の采配に信頼を置いてください。オーダーしたあと、すっかり忘れることは、宇宙を信頼することです。
 そして、願いが叶ったら感謝の気持ちを宇宙に伝えていつも宇宙に感謝する習慣を身につけましょう。すると次の素敵なことがやってきますよ。
 どんどん、宇宙に自分の望みをオーダーしましょう! 宇宙を創っているのは自分自身。自分の意図、意志によって宇宙が創られ、自分の体験する未来が決まります。

 『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』 2章 より リリー・ウィステリア:著 永岡書店:刊

 願いごとは、誰かに叶えてもらうものではなく、自分で「創り出す」もの。

 私たち人間には誰でも、それだけの力が備わっているということです。
 全知全能の神様が生み出したのだから、当然といえば当然ですね。

「ワクワク 右上チラリ ピッ!」

 慣れるまで、気軽に何度も試してみましょう。

「自分の中の宇宙」とつながろう


 大いなる宇宙とつながるための絶対条件。
 それは「自分とつながる」ことです。

 ウィステリアさんは、大いなる宇宙とつながる前に小宇宙である自分自身とつながることが大切だと強調します。

 私たち人間は、小宇宙。この言葉は、ヨガでもいわれていることですが、実際に、私自身も自分の中に無限に広がる宇宙感じたことがあります。
 私が、はじめて自分の中に無限の宇宙を感じたのは、イメージを広げていくワークを体験したときでした。
 目を閉じて、深い呼吸をしながら自分の想像の世界をふくらませ、浮かんだものを話していくというワークでした、ある瞬間、わっ!!! と自分のイメージの世界がどこまでも無限に広がり大きな宇宙空間のように感じたのです。それを体感したとき、本当に、私の中に無限の宇宙が広がっているんだ! そして、どこまでも自由に描いていくことができるんだ! そう深く感じました。その体験がきっかけで、自分の中にストンと「自分が小宇宙である」という言葉が腑(ふ)に落ちたのでした。

 宇宙空間は、どこまでも無限に広がっています。その可能性が、私の中にも眠っているのだ気づいたのです。これは、もちろんすべての人に眠っている可能性です。体感したことがある人もまだ体感したことのない人も誰にも平等にある、宇宙。たとえ感じたことがなくても、「自分が宇宙なんだ」と、そう思って行動してみるだけで新たな世界が広がっていきますよ。
 そして私たちは、自分の未知なる無限の可能性を感じたときに「こわい」と感じます。「こわいはGOサイン」のこわいは、自分の内側に宇宙のような無限の可能性を感じているのです。
 これから人生を歩む上で「自分は宇宙。無限の可能性が眠っている」と思いながら前進していきましょう! この無限の可能性は、「今世のあなた」として生きていく中で開花していきます。「自分を生きる」と決め、自分をとことん探求していきましょう!

 『ピッと宇宙につながる 最強の叶え方』 3章 より リリー・ウィステリア:著 永岡書店:刊

 望むものを創り出す力は、すでに自分の中に眠っています。
 あとは、いかに自分自身がその力に気づいてあげられるか、です。

 自分以外の何かに、それを見出そうとしている間は、気づくことはできません。

 見つめるべきは、自分の心。
 耳を澄ますべきは、魂のささやき。

 自分という「小宇宙」を、あらためて探索してみましょう。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 ウィステリアさんが、「宇宙のしくみ」を知ったのは、お風呂の中でした。
 突然、目の前がピカッと光り、「宇宙の視点」に変わっていて、高いところから地球を見下ろしていたそうです。

 ウィステリアさんが見た宇宙の映像では、私たちの魂はまるで夜空の星のように美しく光り輝いていました。

 この事実は、私たち一人ひとりが、輝く星のような存在であることを示しています。
 問題は、自分の中に眠る光に、気づけるかどうかだけです。

「すべての答えは、自分の中にある」

 自分の無限の可能性を引き出してくれる、リリー式「最強の叶え方」。
 ぜひ、皆さんも試してみてください。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ(←気に入ってもらえたら、左のボタンを押して頂けると嬉しいです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA