【書評】『自分超越!』(MACO)

LINEで送る
Pocket

お薦めの本の紹介です。
MACOざんの『自分超越!』です。

MACO(まこ)さんは、引き寄せ実践法アドバイザー・NLPコーチです。
脳科学、NLPコーチング各種セラピーを学ばれ、セミナー講師やメンタルコーチとしてご活躍中です。
人気ブログ『無敵の人生に変える! 引き寄せと潜在意識の使い方』の執筆者でもあります。

「自分超越」の時代がやってくる!

今、世界は、大きな変化の時期に入っています。
これまで私たちの頭の中で一度も想像し得なかったような出来事が起き、多くの価値観や常識が覆っています。

これから始まる新しい時代、いわゆる「風の時代」は、意識の制限を超えた先にあり、これまで普通だと思ってきたあらゆる意識の制限を大きく超越していく時代です。

MACOさんは、それを「自分超越」の時代と表現しています。

 これからは、たとえば私たちが長く使ってきた心配・恐れ・不可能・貧困(お金が回らない)・不安といったものは古い時代の概念になり、これらの概念を持っている人はだんだん減っていくでしょう。
何かのしがらみや、言われのない抑圧から解き放たれ、自分の意志で人生を創造する人が多くなっていくと私は感じています。
これは、「そうする」と決めた人から古い概念を卒業するので、決めたくない人は、まだ卒業しません。目の前の悩みを解決することだけが、人生の主たる目的のまま、これからも日々を過ごしていきます。
古い概念から卒業しても卒業しなくても、どちらでもいいのです。いい・悪いはありません。
私たちは、もともと簡単に死んだりしない強い体をいただいて生まれています。年をとったら病気になるとか、2人に1人が癌になるといった概念も、いろいろな情報や人の価値観などから刷り込まれたもので、多くの人はそれを信じ込んで生きてきました。ですから、100歳まで生きる人はほんのひと握り、というのが現実です。

自分が何を選ぶかは自由です。宇宙が私たちに与えてくれた唯一の、そして誰にも侵されない権利というのが「自由意志」だからです。
自由意志とは、「自分の人生は自分で決める」ということ。主体的に選択をする、ということ。
自分が何を選ぶかは、他者であっても、大いなる宇宙でさえも、直接介入ができません。そういう意味では、私たちはいつも「自己責任」で生きていて、いつでも自分の意志で存在する世界を変えることができるのです。
このようなことに、どんどん気づいていく時代に入りました。しばらく続く混沌(こんとん)とした世の中は私たちの想像を超えるもので、その中から自分にとっての「真実の道」を見つけていくのですから、1分でももたもたしていてはもったいない。
私たちの毎瞬間の選択は真剣勝負です。とにかく、いつも自分の本心から素直に選択をしていくことが大事。なぜなら、その素のエネルギーしか宇宙のエネルギーと同調しないからです。
またこれまで、「自分が輝けない圧力」のようなものを感じていた人がいるなら、そのような外圧からも解放されます。
それも「自分がそう決めれば」ということです。でも、決めようかどうしようか迷っているうちにも、世界はどんどん変わっていきますよ。

『自分超越!』 Prologue より MACO:著 廣済堂出版:刊

私たちは、どんな世界に自分を存在させるかを自分で選ぶことができます。
そのために与えられているギフトが「自由意志」です。

本書は、新しい時代のエネルギーの流れに触れつつ、今までがんじがらめにされてきた古い価値観を破壊し、まったく新しい価値観を創造していく方法をわかりやすくまとめた一冊です。
その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク
[ad#kiji-naka-1]

宇宙のエネルギーと同調できるのは「本心」のみ

世界中で大きな話題となっている「新型コロナウイルス」の騒動。
この現象は、より大きな視点から見ると自分にとって本当の、そして本心からの選択をするために、いったんフラット化する働きといえます。

この状況で、私たちがすべきは「私はどれを選んだほうが楽しくて、喜ばしくて、豊かなのだろう?」に忠実に従うことです。

 私たちはこれまで自分の本心を我慢することや、本音を偽って他人に意見を合わせることが美徳だとか社会でうまくいく方法なのだ、と思い込んできたのです。
しかしこれからは、本心のまま素直に選択することが、私たち人間の宇宙規模の共通課題となっていきます。
これは、練習が必要な人もまだ多いでしょう。
私たち本心や本音、「こうしたい!」「こうなりたい!」という魂からくる素直な思いのエネルギーは、宇宙のエネルギーとぴったり同調します。
素直に自分の本心を生きることは、自分を究極的に愛する方法のひとつなので、そのように生きられると、宇宙の大元である愛のエネルギーと自ずと調和していきます。
阿吽(あうん)の呼吸のように、「私はこうなりたいな!」という意図に、宇宙からのサポートが当たり前に入るようになるのです。

私は現在50歳を超えましたが、これまでの人生で社会の教科書に載りそうな出来事のうち実際に体験したのは、阪神・淡路大震災だけでした。しかし、まったく想像もできなかった新型コロナウイルスによる大混乱がやってきました。
仕事がテレワークになったり、外出自粛やマスク着用が求められたり、家族以外の人と会わない生活が続いたり・・・・・。こうしたことは、これまで想像もできなかった体験です。

人間は自分の持てる記憶や脳内データを駆使して、ふだんから未来を想像しています。想像したイメージにワクワクし、その波動(バイブレーション)が元になって、現実になるのが創造のプロセスです。
しかし、コロナ禍は自分の脳内データにないことを体験したため、想像の範囲を超越してしまいました。
ということは、想像を超えた創造もできるということ。
頭でつくることができるストーリーは、まだ想像の範囲内ですから、制限がついているレベルと言えます。でも、これからまったく想像したこともないようなことや、できるわけない! というような出来事も創造できるようになっていきそうです。
今回は表面上、心地よくない想定外の出来事が起きたわけですが、このことをきっかけに、これからは“圧倒的に心地よい想定外”をつくり出していく人が増えていくでしょう。
小さな頃から当たり前だと思っていた概念や、世間一般に浸透している固定観念、社会通念なども壊れていきそうですね。
これも、「自分の世界はそうなる」と決めた人が実際にそうなるので、まずは自分が、「想像し得なかった喜びに満ちた世界を創造する」としっかり決めることです。

『自分超越!』 Chapter 1 より MACO:著 廣済堂出版:刊

本当の自分につながることができれば、考え得る限りの最高の現実を創り出せます。
それどころか、自分が想像すらできない「想像を超えた創造」まで可能だということですね。

しかも、今、宇宙自体も次元上昇し、5次元に向かっています。
5次元の世界は「意識の世界」であり、願ったらすぐに形になっていく世界です。

この流れにうまく乗らない手はないですね。

宇宙は「スキマ」を放っておけない!

私たちは、新しく豊かな創造を体験しようと思う時、破壊を通して再生を行っています。

破壊とは、意識の変容であり、自分自身をまるっと受け入れるタイミングです。

MACOさんは、破壊と再生はワンセットだと述べています。
その理由は、宇宙はスキマを嫌うからです。

 何かが壊れてぽかっとスキマが空いた場合、宇宙はそこを放っておきません。私たちがスキマのままで維持したいと意図しない限り、何かが入ってきます。なぜなら宇宙にあるものすべてはエネルギーでできていて、そのエネルギーは常に動いているからです。
私たちの体も一つひとつの細胞がものすごいスピードで常に破壊と再生を繰り返しながら維持されています。それと同じように、この現実も破壊と再生を常に繰り返して、その動きはいっさい止まったことがないのです。
たとえば、好きだった人とうまくいかないことがあってお別れしてしまったという時、必ず壊れた理由があります。
大きな理由のひとつは、その人とあなたの波動が合わなくなったということ。
この世界では波動、波長が合う者同士が縁をつくります。
別れるということは、波動が合わなくなってきたというサインでもあるけれど、「もっといいご縁が用意されました」というお知らせでもあるのです。
これが、「破壊と再生はワンセット」という宇宙法則です。
大好きな人と別れた時、次の人が用意されていると言われても納得できないし、理解できないと思うでしょう。でも、その会いたスキマには必ず前より幸せを感じられる新しいご縁が入ってくるようになっています。

会社を辞めることになった、というのも大変なことです。生活に関わってくることですから、「リストラ、バンザーイ」なんて言えるわけがないでしょう。でも、無責任と言われそうですが、あえて「食べるために働かなければならない生活から抜けたんだ」と捉えてみてほしいのです。
「壊れること」=「次にもっといいものが用意される準備ができた」のですから、結果的には、「会社をやめることになってよかった。今のほうが人間関係も楽で楽しいし、仕事もやりがいがある。収入も望むだけ入ってきて、何より食べるために働くというつらさから抜けられた」となっていきます。
壊れたということは、ほかにもっといい仕事があるからだ、と意識を変えることができたなら、必ずそうなるのです。

2020年に新型コロナウイルスによる騒動が起きて以来、いろいろな破壊を体験してきた人は多いはず。何を隠そう私もその一人です。
人間関係の破壊もありました。迷いのあった人間関係を手放せず握っていたら、ショッキングな出来事が起きて、壊さざるを得なくなったこともあります。
その瞬間はひどく落ち込むし、神様はいないのかと思うくらい沈んだのですが、少し時間が経つとこう感じたのです。
「前から違和感はあったけど、ずっとスルーしていたな」「どうなんだろう? と思ったことはあったけど、やっぱりエネルギーが合わなくなってたのだな」
どっちがいい・悪いではないのです。ただ合わなくなったというだけ。

宇宙の采配は完璧です。合わない者(物も含む)同士は、一定の波長の幅を超えるとまったく同調しなくなります。
波動にはある程度のゾーンがあるので、似たようなエネルギーの者同士は同調し合いますが、そのゾーンを出ると同調するのは難しくなるのです。
これは人のご縁も仕事などのご縁もすべて同じ。
「切れた」「壊れた」は、「これまでのつながりの波動が合わなくなりましたよ」のサインであり、「もっと合うところへ行く段階にきました」という強烈なメッセージでもあるのです。

もし身近に「破壊」を体験しているとしたら、ぜひ“バンザイレベル”で祝ってみましょう。
壊れたということは、「次にもっといいものがやってくるというお知らせ」だということはもうわかっていただけたと思いますが、さらにその壊れたことを「バンザイ!」と祝うと、自分の中のネガティブがきれいに受容されて、ネガティブとポジティブのエネルギーが溶け合い統合します。
そして、フラットになります。
破壊を祝うことは、最強の引き寄せなのです。

私の知人で、日々自己と向き合う検証を楽しみながらしている人がいます。時々メッセージを送ってくれるのですが、コロナ禍で仕事がなくなったという連絡をくれました。
そのメッセージから感じる波動は、起こっている出来事とは真逆のもの。
「仕事がなくなったんですけど、もう嬉しくてしょうがない。次、何がやってくるんだろうと思うとワクワクします♪」
普通に考えたら「頭がおかしくなったのでは?」と思いますよね。「それは困るじゃない! 最悪じゃない!」となるところです。
でも彼女の中では、自分に合わないことや、我慢やつらさを感じながら仕事をするのではなくて、気持ちよく働ける世界が近くに見えていたのでしょう。見えていたから今の仕事が壊れたのです。
私たちは自分たちが意識したものを創造して生きています。意識しないものは現れません。すべて自分で創っているのです。

『自分超越!』 Chapter 2 より MACO:著 廣済堂出版:刊

新しい建物を建てるとき、古い建物を壊して「更地」にする必要があります。

「破壊」があって、その後「再生」がある。
それらは必ずワンセットであり、その順番も絶対です。

親しい人との別れも、仕事をなくすことも、家や大事なものを失うことも、そのときはショックで悲しいことかもしれません。
ただ、それは新しい出会いのために通らなければならない「通過儀礼」です。

破壊を怖れず、逆に、喜ぶべきこととして祝う。
ネガティブもポジティブも、すべて受け入れて、フラットな状態を保つ。

それが、望む現実を手に入れる「最強の引き寄せ」だということですね。

「本心の声」を聴き分けるには?

「本心の声」は、心の抵抗やネガティブな感情、いわゆる「エゴの声」よりも、とても繊細で小さいです。

では、どうすれば本心の声を聞き分けられるのでしょうか。

MACOさんは、外からの刺激を受けたあと、いちばん最初に上がってくる声、これが自分の本心だと思ってくださいと述べています。
2番目以降に上がってくる声は、すべてエゴの声です。

エゴの声を小さくして、本心の声が聴き取りやすくする。
そのためには、ネガティブ(エゴの声)と敵対せず受け入れることです。

MACOさんは、その具体的な方法を「MACO式感情受容メソッド」として紹介しています。

★自分を否定しない「MACO式感情受容メソッド」
ネガティブ感情(エゴ)がドーンと出てきたら、自分と対話したり、自分を客観視して捉えてみましょう。
じつは、エゴにとって苦手なことがあります。それは「共感」されること。
「あっちには行かせないぜ!」と一生懸命抵抗しているのに、「抵抗しているのね」と認められてしまうと、エゴは簡単にパワーを失います。これが受容です。
決してネガティブ感情を否定しないことがコツです。

◎人と比べて、自分のできなさに落ち込んでしまった時
エゴの声「どうせ、私にはできない・・・・・」
言葉かけ「そう感じているんだね。しんどいね。でも、それでいいからね」


◎やりたいことを仕事にする自信がない時
エゴの声「やりたい仕事で食べていけるわけがない! 絶対無理だ」
言葉かけ「そんなふうに感じていたんだね」「無理だと思ってたのね」


とことん受け入れつつ、淡々と時間をかけずに答えましょう。感情を否定したり押さえつけたりせず、眺めてあげること。「ネガティブ感情があるな〜」「あ〜、出てきてるな〜」とただただ眺める。そして感じ尽くすくらいに、出しっぱなしにしてあげてください。
繰り返しますが、「ネガティブな感情を持っていてはいけない」「出てきてはいけないのだぁ!」と否定しないこと。ネガティブな感情があっても人生は変えられますから、どんな自分も否定しない練習をしてください。
結局は、「ありのままの私」でいることでしか、喜ばしく生きることはできないのですから。
自分を否定しないということは、最初は難しいかもしれませんが、それは自己否定する自分にそれほどなじんでいる証拠です。どんなに決意しても「翌日になったらまた元に戻っていた」ということは往々にしてあります。元に戻ってもあまり気にせず、結局、自分の意志力が勝つと思っていれば大丈夫です。

★自分を発見するセルフコーチング
感情を受容したら、ネガティブ感情が鎮まるタイミングが必ず来ますので、その時にセルフコーチング(自分への問いかけ)をしていきます。

「できないと感じているけど、どうしたい?」
「本当はどっちに行きたい?」
「無理だと感じているけど、それでもどうしたい?」
「どんなゴールを選ぶ?」


コツは、「ネガティブやエゴの存在をもう受け入れたよ」という視点で問いかけることです。
本心からの願いであれば、否定を感じていても「諦めたくない」といった気持ちが出てくるはず。その時こそ、思考修正の絶好のタイミングです。

「できないと感じたけれど、でも◯◯をやる」

と意識を再度送り直して決め直しましょう。この時も、心の中の何かと闘わず、淡々と宣言すればいいだけです。時間をかけず、パッパと事務的に対応してください。
1回声をかけて1回確認したら、「美味しいコーヒーを飲もう」とか「買い物に行こう」など行動を切り替えて、まったく違うことをするといいでしょう。
終わりよければすべてよし、ということわざがあるように、ひとつのトピックに対して「最後に何を思うか」「どんな思考を選択し、何で終わるか」が大事です。
1回や2回失敗したくらいで、「やっぱりダメだ!」と結論づけず、しばらく取り組んでみてください。
人によってペースは違っても、このワークは心の抵抗と闘わない方法なので、必ず変わっていきます。長年慣れ親しんだ思考パターンですから、最初はそのパワーが大きくて不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

私たちが一番やらなければならないこと(使命)は、毎日、喜ばしい感覚を感じて、自分のことを否定せず、愛のエネルギーを感じながら生きることです。
この意識こそ引き寄せ(望んだ自己実現)のベースになるのです。だからこそ、感情を冷静に受け入れることで「いろいろな自分の感覚に気づく実践」が大事なのです。
新時代に入った今、物理世界の変化は待ってくれませんから、進化を意図してどんどん進むのみです。

『自分超越!』 Chapter 2 より MACO:著 廣済堂出版:刊

ネガティブな感情は、否定しても、無視しても、消えることはありません。
それどころか、膨張して、どんどん大きくなるばかりです。

ネガティブな感情を手放すには、それをそのまま受け入れること。

力づくで押さえつけようとすれば、抵抗する力も増えます。
逆に、客観的な視点で、あるがままに認めてあげると、たちまちにその力を失ってしまいます。

問題から目をそらさず、認めてあげること。
「MACO式感情受容メソッド」を習慣にして、心の雑音を消し「本心の声」が聴き取れるようにしたいですね。

誰でもできる「お金の引き寄せ」

多くの人が切実な悩みを抱えている問題のひとつが「お金」です。

私たちは、お金を特別視してしまいがちです。
しかし、他の物質と同様、お金も「エネルギー」でできています。
引き寄せの法則は、当然、効果を発揮します。

「主婦はお給料がないのでお金の引き寄せは難しいですか?」という質問をよくいただきます。この答えはNOです。
主婦はたしかにどれだけ働いても、時間外労働があっても、お給料も残業手当も出ません。しかし、お金の巡りを引き寄せることと、給料制かどうかは関係がありません。
大事なことなので繰り返しますが、大いなる宇宙の意図は、世界全体の一人ひとりが自分の願う形で幸せになることです。
そして、その宇宙の大元のエネルギーは「愛」でできています。この愛というエネルギーだけは何にも負けないものです。
怒りや悲しみも、本当に愛が通じると溶けてしまいます。不安や心配というネガティブな感情も、愛のパワーに必ず統合されていきます(だから感情を受容しましょうということなのです)。
要するに、愛を持って行動したことは全部、豊かな巡りを生みます。
愛を出すから愛が返る、ということです。

たとえば主婦が、愛情を持って夫や子どもたちの食事をつくったり、そのほかの家事をしたり、またとくに何もしていなくても、夫に「日々、会社で頑張ってくれてるんだな」という意識を向けるだけで、愛情のエネルギーは巡り出します。
ほしかった物をもらったり、臨時収入があったり、必要なはずのお金が必要なくなったり(これは多いです)、予想外の返金があるなど、お金が形を変えてたくさん巡ってくるようになります。
また、愛情のエネルギーは、夫の給料をアップさせたり、夫を昇進させたりといったお手伝いをしていることもあります。
いちばん飛距離があり、パワーが強いのが愛のエネルギーなのです。

色にも周波数があり、その色が発しているエネルギーがあります。お金の場合は、ゴールド。ゴールドのエネルギーを丸ごと身にまとうことで、お金のブロックが外れて、お金が巡り出すようになります。

WORK 金のパジャマのワーク

①ベッドや布団に入ったら深呼吸を2〜3回して、お金が引き寄せられそうなキラキラしたゴールドをイメージしてください。
②全身の力を抜いて、「今日もお疲れさま」という気持ちを体に向けます。
③ゆったりしてきたら、パジャマが全身ゴールドになっているとイメージしてください。「私はゴールドのパジャマに包まれて寝ます。ゴールドの周波数に包まれて寝ている間に、潜在意識がお金のブロックを外してくれます」と意識してそのまま寝ます。

やりたいこと、好きなことを仕事にして生きられることは幸せです。
いろいろな働き方が認められるようになってきましたが、本当の自分の願いを現実にしたいと思っても、なかなか行動に移せない人がほとんどでしょう。
なぜ、行動に移せないかと言うと、恐れや不安、心配などがあるからでしょう。ですから「それがうまくいかなっかたら?」という恐れや不安とどう向き合うかが課題となります。
きちんと計画を立てるなどして「それでいける!」としっかり決めておくことは大事ですが、それでも不安がなくならない時は、「引き受けメソッド」をおすすめします。
「引き受けメソッド」とは、先に「うまくいかない状態」を引き受けてからスタートする、というものです。

私はかつて公務員だったので、退職してからしか起業することができませんでした。ですから、始めてみてもどうなるかわからない、という恐れがとても大きかったのです。そこで、起業する前に「好きなことで成功する」という設定以外に、「破産、倒産、食べていけない」などの恐れや不安をすべて意識上で引き受けてから、今の仕事をスタートさせました。
これまで一度も破産や倒産、そして仕事がないなどの出来事がいっさい起きていないのは、そういうエネルギーを手放してからスタートしたからです。
まず意識の上で「倒産と破産は終わりました」と超越しておくのです。
行動する前に意識上で引き受けると、それはもう起きないのです。
第一歩を踏み出せない理由は、やはり恐れや不安があるから。だとしたらその怖さを先に受け入れてしまえばいいのです。

『自分超越!』 Chapter 3 より MACO:著 廣済堂出版:刊

不安や心配というネガティブな感情から出たものなのか、愛や喜びというポジティブな感情から出たものなのか。
それがすべてであり、お金も例外ではないということです。

ポジティブな感情から発するポジティブなエネルギー(波動)を循環させる。
それを妨げているブロックを取り除いてあげる。

お金を引き寄せるのは、ゴールドの周波数。
ゴールドの周波数に包まれて、お金引き寄せ体質に生まれ変わりたいですね。

スポンサーリンク
[ad#kiji-shita-1]
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆


MACOさんは、新時代の生き方の2極化とは、「選択基準が外なのか? 内なのか?」の違いだけだとおっしゃっています。

つまり、外=世間や常識と言われてきたものや、大勢が同意・同調している意見に自分の考えを合わせていくのか、内=自分のハートの奥にある感覚や、本心の声を最優先して行動していくのかで、人生が決まるということ。

私たちの潜在意識の中には、本当の自分とつながるのを妨げる制限(エゴの声)がたくさん存在しています。
それらの制限を手放していくことが「自分超越」です。

常識や偏見に囚われた「偽りの自分」を超え、本心の声とつながった「本当の自分」へ。
制限がなくなればなくなるほど、より多くの現実を創造することができるようになります。

私たちも、本書を片手に新しい時代の流れに乗って、想像を超えた最高の自分に会いに行きたいですね。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ(←気に入ってもらえたら、左のボタンを押して頂けると嬉しいです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。