【書評】『人生が輝く引き寄せパワー』(奥平亜美衣)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 奥平亜美衣さんの『人生が輝く引き寄せパワー』です。

 奥平亜美衣(おくだいら・あみい)さんは、主婦であり、ブロガーです。
 一冊の本をきっかけに、「引き寄せの法則」を実践したところ、現実が激変し、人生が変わり始めます。
 その経験を伝えるために立ち上げたブログ「人生は思い通り」は、わかりやすい引き寄せブログとして評判です。

「やりたことをやる」が願望を引き寄せる!


 奥平さんは、「引き寄せの法則」を最大限に活用し、たった3年で、自分の本当に望んだ毎日を手に入れます。
「引き寄せの法則」は、今の自分の状態、今自分が発している波動が自分の現実を引き寄せるというシンプルなものです。
 つまり、自分が「幸せだ」と感じている状態をつくるだけで、望む現実が勝手に引き寄せられます。

「幸せだ」と感じている状態をつくるアプローチのひとつ。
 それが、「とにかくやりたいことをやる」です。

 やりたいことをやっているとき、人は必ず、情熱、喜び、楽しさ、幸せなどを感じます。
 その波動が現実を引き寄せるため、幸せを引き寄せ続けるわけです。

 実は、やりたいことをやる、というのは、誰もが考えている以上に簡単です。
 今、この瞬間、この場でできるのです。
 あなたは、今この本を手に取って読んでくださっていると思いますが、それは、自分が読みたくて読んでいると思いますが、その状態がもう、「やりたいことをやっている」という状態なのです。
 この、「やりたいことをやっている」という瞬間に引き寄せパワーが働きます。

 もう、自分がやりたくないことをして一日の大半を過ごし、そして疲れ果てて家に帰り、そして、また同じような一日が始まる。そんな毎日を過ごす必要はないのです。
 自分の心が満足しない仕事をして、人間関係にも苦しむ、そんなことをする必要もありません。
 誰しも例外なく、自分がすでに生まれ持っているものを生かしながら、そして自分の好きなことをしながら生きていくことができます。

 あなたがやりたいことをやる人生に踏み出せば、仕事も人間関係も豊かさもすべて引き寄せます。そしてあなたは深い満足感と幸福感とともに感謝にあふれた毎日を手に入れるでしょう。
 それは、自分次第で誰にも訪れます。
 あなたの中の眠っている情熱をただ、思い出すだけなのです。

 『人生が輝く引き寄せパワー』 はじめに より 奥平亜美衣:著 KADOKAWA:刊

 本書は、平凡な会社員だった奥平さんが、やりたいことを仕事にするようになるまでの考え方やその過程で起こったことをまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

心から好きなことには、「奇跡の力」が働く


 好きなことを仕事にして、自由に幸せに生きていく方法。
 奥平さんは、それはただ、

「あなた自身の本当に興味のあること、心が喜ぶこと、ワクワクすること、好きなこと、やりたいこと、それらを追求するだけ」

 だと強調します。

 あなたが、自分の好き、そして、自分が本当にやりたいことに従って行動するようになると、奇跡としか思えないようなことが起き始めます。
 あなたが心から興味あること、好きなこと、やりたいことをする、ということは、あなたの魂の目的を果たすということ。そのとき、あなたは常識を超えるパワーを本当の自分から引き出していけるのです。

 例えば、こういうことをしたいけど、どうしていいかわからないようなとき、すでにそれを達成している人に、自然と出会い、そこからヒントをもらえたりします。
 また、やりたいことがあるけど、一人では到底できそうにないようなことがあるとき、それに喜んで協力してくれる人を、自然と引き寄せていきます。
 仕事のチャンスは、向こうからやってきます。お金がなくても、なんとかなっていきます。
 そんな風に、あなたが心から本当にやりたいことというのは、どうしたって実現できるようになっているのです。現実的に考えて、到底無理だと思えるようなことでも、奇跡的に実現していくでしょう。
 それは奇跡というよりは、本来、宇宙はそのように動いているのだと思っています。「あなたの本当にやりたいこと」は自然とすべて実現できるようになっているのです。そもそも、それを実現し、経験するために生まれてきているのですから。
 ただ、生まれてきてから今まで、

  • 好きなことをしていてはいけない
  • 好きなことで生きていけるわけがない
  • よい成績をとらなくてはいけない
  • 頑張らなくてはいけない
  • 人に認められるようにならなくてはいけない
  • たくさんお金を稼がなくてはいけない
  • 社会の役に立つことをしなくてはいけない
 周囲の大人や、テレビなどのメディアから入ってくる「好きなこと、やりたいことだけをしていてはいけないんだ」という考えを植えつけられ、それをやらなくなってしまっただけのことなのです。

 小学生のころからも、もしかするともっと小さなころから、とにかく努力しろ、努力すれば報われる、と言われ続けてきたかもしれません。
 もちろん、何かに向かって頑張ることを否定はしませんが、あなたの周りにも、特に頑張っているようには見えないのに、なぜか成果を出しているような人がいませんか?
 その人は、必ず楽しんでいます。夢中になって、自分のやりたいことに集中している状態です。
「好き」には、計り知れないパワーがあります。それは、この宇宙のベースである愛のエネルギーだから。
 その「好き」に従うだけで、あなたは、この宇宙のエネルギーを味方につけ、現実に奇跡を起こすことができるのです。


 『人生が輝く引き寄せパワー』 第一章 より 奥平亜美衣:著 KADOKAWA:刊

 好きなことをしているとき、私たちは幸せを感じることができます。
 時間が経つのも忘れ、それに没頭しても、不思議と疲れません。

「好き」という感情を感じているとき、私たちは宇宙とつながっています。
 そこから、大いなる「愛のエネルギー」が供給されています。

 損得よりも、好き嫌いで判断する。
 理性よりも、感情で行動する。

 普段から意識したいですね。

「好き」に理由なんてない


 好きなこと、心からワクワクすることは、人それぞれです。
 また、何にワクワクするかは、最初から決まっているものです。
 つまり、私たちに最初から植えつけられているということ。

 奥平さんは、やりたいことは最初から必ずあなたの中にあると述べています。

 好きなことをやりましょう、と言われると、多くの大人は、そこに理由を求めるかもしれません。
 また、どんなことでも何かをするときに、理由がなければしない、というようなこともあるでしょう。
 しかし、「好き」とか「やりたい」には本来理由はないのです。「好きだから好き」「やりたいからやりたい」しかありません。
 子どものとき、好きなことをするのに、何か理由がなければしなかったでしょうか? 砂遊びやお絵かきをするのに、理由はいらなかったと思います。
 生まれてきたときから、理由もなく、好きなものを好きと思うように、そもそもそう思うようにあなたにインプットされていると考えてください。
 例えば、あなたが、赤が好きで、黄色が嫌いだと感じるとします。
 そこに、理由はあるでしょうか?
 好きだから好き、それしかありませんね。
 そして、赤が好きなのがいいことでも、黄色が嫌いなのが悪いことでもありません。

 好きなことを実際にやってみて、こんなことがわかった、こんなところがもっと好きになった、そういうことはあるかもしれませんし、人に伝えるときに、こんなところがいい、と、理由が必要なことはあるかもしれませんが、好きだけど、何のためになるのかわからない、どんな得があるのかわからない、というような理由で行動しないとしたら、それはとてももったいないことです。

 自分が何かを好きだ、ということに理由はいりません。
 ただ、自分の感じることに正直に、そして、自分の感覚を信じてみてください。
 その好きなもの、好きなことに対し、人が何を言おうとも、自分がそう感じる、それ以外のことなんて必要ないのです。
 自分が好きだと感じたり、ワクワクすることを、自分が選んでいるのではなく、自然とそう思うのです。そもそも、そう感じると決まっているのです。それは、本来のあなたから来るもので、あなたがあなたの頭で選んで決めているのではなく、そもそもそうであることを、自分で知る、それに気づくだけなのです。
 好きなものがない、という人はいないと思います。
 そして、それはあなたが、あなた自身に正直に聞いてみるだけでいいのです。
 難しいことは、何もありません。
 すべては、すでにあなたの中にあります。あとは、あなたが見つけて、それを大事にしてあげるだけなのです。

 『人生が輝く引き寄せパワー』 第二章 より 奥平亜美衣:著 KADOKAWA:刊

 好きなことに理由はない。
 たしかに、その通りです。
 好きだから好き、そうとしか言いようがありませんね。
 逆に、理由をつけないと続けられないのは、本当に好きなことではありません。
 頭で選んで決めているということです。

 本当にやりたいことは何か。
 自分自身の心に正直に聞いてみましょう。

「やりたいこと」を実行に移す


「やりたいことで食べていけるわけがない」
 そのような考えは、真実ではなく、多くの人が抱いている思い込みにすぎません。
 では、思い込みをなくすには、どうすればいいのでしょうか。

 ここが一番大事なのですが、あなたの好きなこと、やりたいことがわかってきたら、できることから、片っ端から実行に移しましょう。

 ピアノを弾きたければ弾く
 踊りたければ踊る
 絵を描きたければ描く
 服やアクセサリーを作りたければ作る
 植物を育てたければ育ててみる
 旅行に行きたければ行く、少なくとも計画を立て始める


というようなことから、日常の中の

 美味しいコーヒーが飲みたければ飲む
 読みたい本があれば読む
 部屋を掃除したくなったらそうする
 寝たくなったら寝る


さらには、

 朝起きて、深呼吸するのが好きならそうする
 通勤するのに、今日は別の道を通りたくなったらそうする


 このようなことも意識的にしていきましょう。
 こんなことに何の意味が? と思うかもしれませんが、こういう小さなことがとても大事です。
 好きなことを実行に移す、そうすることで、あなたの喜びは深くなります。心の喜びを忘れているような場合でも、徐々に思い出していくことになるでしょう。
 あなたは、あなたの感じていることを常に引き寄せ続けますので、そうして幸せを案じ続ければ、幸せも喜びも引き寄せ続けるのです。
 この世には、「引き寄せの法則」が絶対的に働いています。

 またそれは、あなたが「願いを叶えている」という状態でもあるのです。
 願いを叶える、というと、憧れていた職業に就くなど、大きなものを想像するかもしれませんが、例えば、ジョギングをしたい! と思い、そして、実際にジョギングをするのだって、願いを叶えたということなのです。
 そして、あなたが、そうした小さな願いを叶えれば叶え続けるほど、大きな願いも自然と叶うようになってきます。
 自分の普段考えていること(願いは叶う)、そして自分の気分(好きなことをしていい気分)があなたの現実を引き寄せますので、あなたの現実は、本当に望むものへと変わってくるのです。

 どんな小さなことでも、やりたいことをやっている時間が生活の中で長くなればなるほど、幸福度が上がっていきます。
 そして最終的に、多くの人にとって日々膨大な時間を割いているであろう仕事の部分が「やりたいこと」に変わってくると、あなたは幸せそのものを生きているという状態になりますが、まず、仕事になるかどうかを考えるのではなく、何でもいいから、やりたいことのうちで、今自分にできることをやる、ということが大事です。

 『人生が輝く引き寄せパワー』 第三章 より 奥平亜美衣:著 KADOKAWA:刊

「好きなこと」に理由がないのと同じように、「やりたいこと」に理由はいりません。
 奥平さんは、理論でなく、直感で動いてしまっていいと述べています。

 普段の生活のなかで「やりたいな」と思ったことを、できる範囲でいいから行動に移す。
 それがポイントです。

「競争」から自由になる


 奥平さんは、あなたがやりたいことへ足を踏み出せば、必要なもの、必要な人間関係はあなたのもとに引き寄せられてくると述べています。

 あなたが、自分のただやりたいことを仕事にしていくと、それは、あなただけのものであるので、他人との競争から自由になっていきます。
 100人いれば、100通りの仕事になります。
 もし、あなたが、「自分のやりたいことをやること」を目標とするのではなく、「売り上げ何万円」とか、「◯◯で一番になる」「年収いくらになる」という目標のために仕事をしていたらどうでしょうか。
 その目標を達成して、ひと時の満足感を得ることはあるかもしれません。
 しかし、それを達成したら、もっと上をもっと上をと目指すその繰り返しであったり、また、他人との競争の世界へ踏み入れてしまうでしょう。もちろん、これらが悪いと言っているのではなく、こうした経験も、もしそれがあなたに起こったとしたら、それはあなたにとって必要な経験であったり、最高最善の宇宙の流れで起こったことですが、あなた自身が、そうした心をすり減らすような競争の世界を望むかどうかです。

 また、あなたがやりたいことを仕事にして、社会的にも成果と呼べるものが見えてくると、それに追随しようとあなたのまねをしようとする人も現れるかもしれません。
 私自身も、そのような経験をしましたが、しかし「自分のやりたいことを追求する」ということだけをしていると、そうした人たちをライバルと捉える必要もなくなっていきます。自分の本当にやりたいことと、他人のやりたいことというのは違う、とわかりきっているからです。
 また、「やりたいこと」は常に進化しますので、まねされても、その時点で自分はすでにその先へとシフトしているのです。
 逆に考えると、自分のやりたいこと追求するのではなく、誰かの成功モデルをまねしようとしても、成功できるかもしれませんが、幸せや喜びには到達しません。
 憧れや好きな気持ちを持つのは素敵なことですが、他の誰かになろうとしないでください。あなたは、あなただけのやりたいことを追求してこそ、あなただけの幸せを見つけるでしょう。


 やりたいことを仕事にして、やりたいことができている、そのことに幸せを感じると、他人との競争にも無縁になってきます。
 競争の中で生きていると、どうしても頑張ってしまいます。頑張っていると、自分の楽しみに鈍感になってしまったり、自分を犠牲にしてしまったりすることもあるでしょう。
 逆に、日々楽しむ、日々幸せを感じて、いつも上機嫌で生きていれば、あなたが思う以上の結果はあとから勝手についてきてしまうのです。

 『人生が輝く引き寄せパワー』 第四章 より 奥平亜美衣:著 KADOKAWA:刊

 自分が「やりたい」と思ったことをとことん追求する。
 自分だけの道を突き進むから、他人との競争もありません。
 唯一無二のユニークな存在として、輝き続けることができます。

 他と違ってもかまわない、むしろ、違うほうがいい。
 気にするべきは、周りではなく、自分の気持ちや感情です。

 心のなかから湧き上がってくるワクワク感を大事にしたいですね。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 奥平さんは、あなたが今やっていることは、どこかの時点で、「この経験があってよかった」と思えるようになるとおっしゃっています。

 私たちの人生に、無駄なことはひとつもありません。
 人生のなかで起こった、良かったこと、悪かったこと。
 そのすべては自分にとって必要な出来事です。

 嫌いな人やモノがあるから、好きな人やモノに気づくことができる。
 嫌いな仕事があるから、好きな仕事に気づくことができる。

 すべての人、すべての出来事に対して感謝すること。
 それが「引き寄せパワー」を高め、新しい自分になるための秘訣です。
 私たちも、「引き寄せの法則」を上手に活用し、自分の望む人生を創っていきたいですね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA