【書評】『プロカウンセラーの聞く技術』(東山紘久)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
  東山紘久さんの『「プロカウンセラーの聞く技術』です。


 東山紘久(ひがしやま・ひろひさ)さんは、臨床心理学がご専門のカウンセラーです。

「聞くこと」は、理解すること


 カウンセラーは、一日に何人もの心に悩みやトラブルを抱えた人たちと向き合う、過酷な職業です。
 アドバイスを与えることよりもむしろ、聞き手に徹して、話し手の心の中のネガティブな部分を吐き出させることが主な仕事です。
 つまり、いかに相手を信頼させて心を開かせるかが、重要なスキルとなります。

 われわれは、真実の人間関係、嘘のない人間関係、信頼できる人間関係をもちたいとつねづね思っています。そのためには、相手の話を聞くことが必要となります。「聞く」ということは、ただ漠然と耳に入れることではありません。聞くことは理解することなのです。音や言葉を聞くことは簡単ですが、相手を理解することはむずかしいことです。また、しゃべることは、対人恐怖症でない限り、案外楽にできるのですが、聞くことは苦行になることさえあります。しかし、相手の理解は聞くことからしか生まれないのです。

 『プロカウンセラーの聞く技術』  序 より  東山紘久:著  創元社:刊

「聞くことは理解すること」

 納得です。
 自分のことをベラベラしゃべる人に相手を理解しようという気持ちがあるとは思えません。
 相手に耳を傾けるということは、自分の気持ちも、相手に傾けるということです。

 本書は、「聞き上手」になるためのヒントを、わかりやすく解説した一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

「聞き上手」は話さない


 ほとんどの人は、聞くより話すほうが好きです。
 聞くより話すほうが心理的に楽だからです。

 しかし、「聞き上手」になるためには、自分から極力話さないことが必要となります。
 聞き手が話し出すと、相手は話すことができません。
 自ら話さず、相手の話す機会を奪わないからこそ、相手から信頼されます。

 もし、真の聞き上手が討論に参加したら、司会者が話す機会を与えたときにだけ、自己の主張を明確に話すでしょう。そして、きっと他の参加者は、その人の主張をいちばんよく聞くことになると思います。なぜなら、自分の話に耳を傾けてくれる人の言うことを、人はよく聞くものです。自分の意見をまったく聞いてくれないような人の話なんて、誰も聞きたいと思わないでしょう。それでも相手に反対されたら、ついつい相手のしゃべっている言葉をさえぎってでも、自分の言葉を重ねて、自己主張したくなるのが人間なのでしょうね。相手の発言中に、自分の言葉を重ねても、誰も聞くとができませんが、それさえも忘れてしまうのが人間なのかもしれません。
 まず、第一の修行は、相手の話を「素直に」に聞くことです。相手に反論したいときも、話をよく聞いてあげると、相手の意見も自然とおだやかになり、反論しなくてもすむことのほうが多いのです。これが聞き上手のだいご味なのです。

 『プロカウンセラーの聞く技術』  1章より  東山紘久:著  創元社:刊

 よい人間関係を築く上でも、「聞き上手」になることは大事なことです。
 まさに、「聞くことは理解すること」ですね。

嘘をつかない、飾らない(オープン)ということ


 いつもむっつりとして、何を考えているのか分からない。
 そんな人には話しかけにくいものです。

 逆にいうと、話しやすい相手というのは、オープンな人です。
 オープンというのは、相手に偏見をもたずに素直に受け入れることで、あなたがどのような話をしても、「あなたがそう思っているのならあなたにとってそうなんでしょう」と受け入れてくれる性格のことです。

 オープンな人は自分を飾りません。そのままの自分をさらしてくれています。これが人に安心感を与えるのです。こちらがその人の痛いところをついても、「まいった。私はあなたの言うとおりなんですよ。いま指摘された点は是非直したいなあ」と受け入れてくれます。自分の欠点を素直に認められるような人だと、こちらの欠点もそのまま認めてくれるという、信頼感が生まれます。でも、人間はなかなかオープンになれずに、理由をつけて自分をかばいたくなるものです。そうなると、相手も自分の欠点を話せなくなるのです。
(中略)
 オープンの反対は、ディフェンシブ(防衛的)といい、防衛的な人はいつも相手を警戒しています。世の中にはよこしまな考えの持ち主も、犯罪的な行為をする人もいるので、ある程度の守りは必要です。しかし、過度に防衛的な人は、基本的に人を信用していないところがあり、それが人間関係を阻害しがちです。
(中略)
 大切な話をするとき、人は少し防衛的になるものです。相手を信用しすぎ、秘密を話しすぎるとあとで傷つくかもしれないからです。ですから、話し手が防衛的になるのは仕方がないのですが、聞き手が防衛的になると不信感が増幅し、話が進まなくなってしまいます。相手の防衛を取ることが、話が深まる秘訣であり、そのためには自分のほうが相手よりオープンになることです。

 『プロカウンセラーの聞く技術』  18章より  東山紘久:著  創元社:刊

 オープンになる。
 言うのは簡単ですが、実行するのはなかなか難しいです。

 つねに相手より心を開こう。
 その勇気を持つことが大事ですね。

評論家にならない


「聞き上手」になるには、相手を理解しようと積極的に聞くことが求められます。
 しかし、度が過ぎると、「聞く(Listen)」ではなく、「たずねる(Ask)」になります。
「相手を理解しよう」という気持ちが薄れた聞き手は、単なる評論家です。

 評論家は正論を言い、相手に対しても正しいことをするように言います。新聞の論調を見るとよくわかります。教師も正しいことを言い、正しいことをするように言います。しかし、前にも述べましたが正しいことは一つではありません。だから、ある正しいことをして時期を失して失敗しますと、なぜ早く手を打たなかったのかと叱責します。逆に、急ぎすぎて失敗しますと、なぜじっくり考えなかったのかと非難します。彼らは、いつでも正しい、自分では痛みを感じず、痛みは人に押しつけるのです。だから、正しいことを言うのは評論家か傍観者になるのです。
 正しいことばかり言う人はどこか信用できないのはこのためです。なぜなら正しいことを言いつづけようとすると、自分は何もできないからです。自ら何かをしますと、先に述べましたように、正しいことをしても失敗するのです。失敗するとそれは間違っていたと非難されるからです。何もしないことが失敗を避ける最良の手段です。だから、評論家の域を脱せないのです。

 『プロカウンセラーの聞く技術』 20章より  東山紘久:著  創元社:刊

 まるで、どこかの国の政治家のことを言っているようですね。
 確かに、人の話を聞くのが苦手な方たちが多いです。
 他山の石にしたいところです。

言い訳しない


 相手から自分に対する抗議やぐちを受けたとき、ついしたくなるのが、「言い訳」です。
 相手の言い分が正当であればあるほど、こちらもつい、自分の正当性を主張したくなります。

 言い訳は、相手を理解する上では、まったく役に立ちません。
 逆に、溝を深めるばかりです。

 言い訳は自己弁護や自己満足になっても、相手の抗議する気持ちの解消にはまったく役に立ちません。おまけに、相手の感情をますますいらだたせてしまいます。だから、あなたも言い訳する人が嫌いなはずですし、言い訳をいっさいしない人を潔い人として、尊敬します。言い訳をして、自己正当化をはかろうとする人が人望を失い、自己弁護や言い訳をしない人が尊敬されるのですから、当然われわれは言い訳しないほうが賢明です。
(中略)
 これに対して、軽い抗議やぐちは、それこそ日常茶飯事にあなたに向けられます。これらの抗議やぐちは、言い訳せずにじっくり聞いて、あなたに悪いところや落ち度があればあやまってください。償うべきことならば、償ってみてください。相手は必ず許してくれます。そして、その人との以後の関係がよくなります。今後も継続的な親しい関係が必要な人に対しては、これをぜひ実行してほしいものです。とくに、配偶者、子どもたち、両親や友人、職場の同僚、上司や部下には実践することをお勧めします。

 『プロカウンセラーの聞く技術』  24章より  東山紘久:著  創元社:刊

 相手に言い訳や反論をすると、その時点で聞き手ではなくなります。
 そういう時ほど、しっかり相手の言うことを聞くこと。
 それができてこそ、本当の意味での「聞き上手」といえます。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 自分の意見や個性を主張することが強く求められている今の時代。
 発信することに夢中になり、相手の意見に耳を傾けることが疎かになりがちです。
 しかし、そんな時代だからこそ、しっかり相手の意見を聞いて理解できる「聞き上手」な人の価値は高まっていると言えます。
 これまでは、「話す技術」や「発信する技術」ばかりに関心が集まっていました。
 しかし、今後は「聞く技術」や「受信する技術」にもより注目が集まりそうですね。 

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)

  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA