【書評】『ザ・マジック』(ロンダ・バーン)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 ロンダ・バーンさんの『ザ・マジック』です。

 ロンダ・バーンさんは、オーストラリアの作家・TVプロデューサー兼記者です。
 2007年には、タイム誌の「世界にもっとも影響を与えた100人」にも選出されています。

「感謝」は人生を劇的に変える“魔法”の力


 この世の中には、人生を劇的に好転させる“魔法”が存在します。
 その魔法とは、「感謝」です。

 バーンさんは、感謝することによって、あなたは自分がなりたいもの、したいこと、欲しいものを手に入れることができると述べています。

 感謝することが、なぜ、人生をいい方向に導くのか、バーンさんは以下のように説明しています。

 感謝の気持ちは人生を支配している宇宙の法則を通じて作用します。原子の構造から惑星の動きまで、すべての宇宙エネルギーを支配する引き寄せの法則によれば、「類は友を呼ぶ」のです。あらやる物質と同様、全ての生物の細胞は引き寄せの法則で結び付けられています。その法則はあなたの人生の中で、あなたの思想と感情に作用します。というのも、思想も感情もエネルギーだからです。あなたが考えることや、感じることがあなたに引き寄せられるのです。

 あなたが「仕事が嫌だ」「お金が足りない」「完璧(かんぺき)なパートナーがいない」「請求金額が払えない」「何かに悩まされている」「あの人は私を評価していない」「両親とうまくいかない」「子供が問題だ」「私の人生は滅茶苦茶(めちゃくちゃ)だ」「結婚が問題だらけだ」などと考えていると、自(おの)ずとそうした経験をより引き寄せてしまうのです。
 しかし、自分で感謝できることを考えて、「仕事が大好きだ」「家族は私を応援してくれる」「最高の休暇だった」「今日は最高の気分だ」「過去最高の税還付金を受け取った」「先週末息子と素晴らしいキャンプができた」などと心から感謝すると、引き寄せの法則によって、同じようなことが人生に引き寄せられます。磁石に金属が引きつけられるのと同じように、感謝すればする程、豊かさを引き寄せるのです。それが宇宙の法則なのです!

「自分のしたことがわが身に降りかかる」「蒔(ま)いた種を刈り取る」「与えたものが自分に返ってくる」などの諺(ことわざ)は、引き寄せの法則や偉大な科学者サー・アイザック・ニュートンが発見した宇宙の法則を表しています。

 ニュートンの科学的発見は宇宙の基本的な運動法則を含みます。その一つに、次の言葉があります。

  「全ての作用は常にそれと等しい反作用を伴う」

 ニュートンの法則に感謝の気持ちを当てはめると、全ての「感謝する」という作用は、必ず「受け取る」という反作用を引き起こすということになります。そして、あなたが受け取る量は、あなたが感謝する量に等しいのです。つまり、感謝するという行動が受け取るという反作用を引き起こすのです! そして、より誠意を込めて深く感謝すればする程(言い換えると、「より多く」感謝を与えれば与える程)「より多く」を受け取ります。

 『マジック』 偉大な謎が明らかに より  ロンダ・バーン:著 山川紘矢、山川亜希子、佐野美代子:訳 角川書店:刊

 与えたものは自分に返ってきます。「因果応報」ともいいますね。

 感謝することは、与えること。
 つまり、感謝すればするほど、多くを受け取ることができるということです。

 本書は、夢を実現し、健康、金銭、仕事、人間関係を劇的に改善する“魔法”の実習方法を具体的にまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク           

「ありがとう」は“魔法の言葉”


 “魔法”を使うにはまず、「魔法の言葉」を口にする必要があります。
 それが「ありがとう」という言葉です。

(前略) 人生で「ありがとう」という言葉をどれだけ重要かは言い尽くすことができません。感謝に満ちた日々を送り、人生で魔法を経験するには、どの言葉よりも「ありがとう」という言葉を心をこめて言い、感じなくてはなりません。感謝することがあなたそのものになる必要があるのです。あなたの今いる人生から夢の人生への架け橋となるのが「ありがとう」なのです。

 魔法の公式

  1. 意識して魔法の言葉、「ありがとう」を思い、そして、口にして下さい。
  2. ありがとう」と意識的に気持ちを込めて言えば言うほど、より多く感謝を感じます。
  3. 意識的になるべく多く感謝し、その気持ちを感じれば、それだけ多くの豊かさを受け取ります。
 感謝は感情です。感謝の実践の最終的な目標は、できるだけ意識的に感謝を「感じるよう」になることです。感情の力が人生に魔法が起こるのを加速化するからです。ニュートンの法則は、あなたは与えるものと同じ量を受け取るというものです。つまり、あなたが感謝の感情を増やせば増やす程、人生にもたらされる結果はその感情と「同じだけ」大きくなるのです! あなたの感情が本物であればある程、感謝もそれだけ心からの誠実なものになり、人生も早く好転します。
 感謝を実践するにはさほどの練習は要りませんし、また、それを日々の生活に取り入れるのはとても簡単です。そして魔法の結果を実際に目の当たりにしたとなれば、あなたは以前の生活に戻りたいとは絶対に思わなくなるでしょう。

 感謝を少しだけ実践するとあなたの人生も少しだけ変わります。感謝を毎日たくさん実践すれば、あなたの人生は想像できないくらい画期的に変わるでしょう。

 『マジック』 あなたの人生に魔法を呼び込みましょう より  ロンダ・バーン:著 山川紘矢、山川亜希子、佐野美代子:訳 角川書店:刊

 感謝は、口に出して初めて相手に伝わるものです。
 どんな小さなことにでも「ありがとう」という習慣をつけること。

「ありがとう」を口にすればするほど、感謝の気持ちも増え、さらに「ありがとう」と言いたくなる。
 その好循環をつくることが、人生を好転させる秘訣だということですね。

過去に受けた恩恵に気づき、感謝すること


 感謝の魔法は、もちろん「お金」にも当てはまります。
 お金についての不安や羨望(せんぼう)、嫉妬(しっと)や落胆、猜疑心(さいぎしん)や恐怖などの感情が、お金を遠ざけているとのこと。
 バーンさんは、そうした感情が湧いてくるのは、既に持っているお金に対する感謝が足りないからだと指摘しています。

 私たちは、ここまで生きてくる間に、誰かが必死で稼いだお金で多くのものを受け取ってきました。
 そのことに気づき、それらの思い出や出来事の一つひとつに感謝することが大切です。

 過去に物の形で得たお金に心を込めて感謝すれば、あなたのお金は魔法のように増えるとのこと。
 バーンさんは、お金の恩恵に感謝するための方法として「魔法のお金」を紹介しています。

「魔法のお金」の実習を続けるには、千円札を一枚用意して、ステッカーに以下のことを書いてそのお札に貼りつけましょう。

 これまでの人生で私に与えられたすべてのお金に感謝します

魔法の千円札」を財布かポケットに入れて今日持ち歩きましょう。朝夕それぞれ最低一回、あるいは好きな回数だけ、それを取り出して、握りしめましょう。あなたが書いた文言を読み、これまでの人生で与えられたお金に「心から」心を込めれば込めるほど、感謝を深く感じれば感じるほど、お金に関する状況の奇跡的な変化も早まります。

 あなたのお金がどのように増えるかは、前もって知ることはできません。でも、お金が増えるように周囲の多くの状況が変化していくことに気付くでしょう。持っていたことに気付かなかったようなお金が見つかる、期待していなかった現金や小切手を受け取る、値引きしてもらう、還付金を受け取る、経費が減る、高価な物を色々もらうなど・・・・・いろいろなことが起こります。
 今日から「魔法の千円札」を毎日見えるところに置き、今まで与えられたお金に感謝できるようにしましょう。その「魔法の千円札」を見れば見る程、そして、今までに与えられてきたお金に感謝すればする程、あなたに多くの魔法が起こることを忘れないで下さい。お金への感謝の量とあなたに与えられるお金の量は同じなのです!

 お金に関して文句を言いそうになったら、それを口に出すか心の中で思うかして、「そんな文句を言って、私はそのつけを支払うつもりだろうか?」と自問して下さい。そのたった一つの文句がお金の流れを滞らせ、時には完全に止めてしまうからです。

 今日から、何かお金を受け取ったときは、それが給与や還付金や値引きや誰かからの高価な贈り物など、何であってたとしても、それに対して心から感謝することを自分自身に約束してください。これらの状況はいずれもあなたがお金を受け取ったことを意味します。そして、そのどれも、受け取ったお金に対して感謝することによって感謝の魔法の力を作動させ、あなたのお金を何倍にもするチャンスをあなたにもたらすのです。

 『ザ・マジック』 5日目 魔法のお金 より  ロンダ・バーン:著 山川紘矢、山川亜希子、佐野美代子:訳 角川書店:刊

「ないもの」や「不足しているもの」ばかり考えていると、不安や不満が増えてしまいます。

「あるもの」や「既に受け取ったもの」に焦点を合わせること。
 それが感謝の気持ちを増やすコツです。

「魔法のお金」、ぜひ実践したいアイデアですね。

“魔法の朝”が一日を感謝で満たす


 バーンさんは、今日一日を確実に「魔法」で満たす一番簡単な方法は、「朝」を溢(あふ)れるほどの感謝の気持ちで過ごすことだと述べています。
 感謝することを朝の日課にすれば、一日中魔法の恩恵を感じ、目にすることになります。

 朝目が覚めたら、起き出して何かする前に魔法の言葉「ありがとう」を言いましょう。生きていることに、もう一日命を頂いたことに「ありがとう」と言って下さい。あなたの命は毎日の贈り物です。それを真剣に考えてみると、私達は新しい一日に対して感謝しないではいられないはずです。もし、新しい一日なんて特にたいしたことはないと思うならば、「ありがとう」を言うのをやめてみてください! どんなに眠い時も、仕事のために目覚まし時計で起こされた時も、週末寝過ごした時も、あなたの生命の新たな一日のために魔法の言葉の「ありがとう」を言って下さい。

 熟睡できたことに「ありがとう」を言って下さい。幸運にも枕やシーツのあるベッドで休めましたか? 「はい、ありがとう!」と、ベッドから降りて床に足を着けた時にお礼を言いましょう。お風呂がありますか? 「ありがとう」。毎朝、蛇口からすぐきれいな水が出てきますか? 「はい、ありがとう」。清潔で温かいお湯を使えるように、自宅まで水道管を設置してくれたすべての人々を思いましょう。「はい、ありがとう」。歯磨きと歯ブラシに手を伸ばしたらお礼を言いましょう! それがなければ爽やかな一日が始まりません。タオル、せっけん、鏡などその日を新鮮で目覚め良くしてくれるバスルームの備品にも「ありがとう」を言いましょう。

 着替えをする時には、替わりの服があり、服を選べることを幸運だと思いましょう。「ありがとう!」。装飾品の制作に携わった人達がどれだけいるか考えてみましょう。あなたの服は世界中の色々な国から来たものかもしれません。全員に「ありがとう」とお礼を言いましょう。靴がありますか? あれば幸運です! それがない生活を想像して下さい。そして靴に感謝しましょう!

 「朝の裏側に小さな魔法が魔法が待っているかもしれないと思うと、
 私はいつも新しい一日、新しい試み、新しいスタートが始まるのが嬉しかった」
              J・B・プリーストリー(1894〜1984)
                         作家・劇作家


 『ザ・マジック』 11日目 魔法の朝 より  ロンダ・バーン:著 山川紘矢、山川亜希子、佐野美代子:訳 角川書店:刊

 朝は、一日の始まり。朝の気分がその日一日を左右します。
 新しい一日が始まることに感謝できれば、その日一日を感謝の気持ちをもって過ごせます。

 すべてに感謝する習慣は、朝から。
 ぜひ、忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク           

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 本書は、二十八の「魔法の実習」から成り立っています。
 それらを一日ずつ習得することで、“魔法”を覚えることができます。

 “魔法”を使いこなしたいのならば、とにかく、実行あるのみです。
 自分を生かしてくれているもの、普段当たり前のように受け取っているものすべてに感謝の気持ちを忘れないこと。
 すべてを変える「ありがとう」という“魔法の言葉”を忘れないこと。
 できることから、少しずつでも実践していきたいですね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA