【書評】『トライブ』(セス・ゴーディン)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 セス・ゴーディンさんの『トライブ 新しい“組織”の未来形』です。

 セス・ ゴーディンさんは、コンサルタントです。
 Yahoo!の元副社長で、現在、世界で最も影響力があるコンサルタントであり、優秀なマーケターの一人です。

新しい集団「トライブ」とは何か?


 ゴーディンさんは、これからの時代、世界を変えていく大きな力となるであろう集団を「トライブ」と名付けています。
 「トライブ」とは、互いにつながり、リーダーとつながり、アイデアとつながった人々の集団(グループ)です。 

 トライブはどこにでも存在する。企業のなかにも外にも、公式な組織であろうとなかろうと、トライブはNPOに、学校の教室に、地球上のいたるところに存在する。そして「リーダーシップ」と「つながり」を求めている。
 さあ、絶好のチャンスがやってきた。あなたがトライブを率いるチャンスが到来したのだ。問題は「わたしにできるのか?」ではない。「私は率いるのか、やめておくのか?」である。
 私は長いこと、「現代は誰もがマーケターの時代」だと訴えてきた。「メディアチャネル」の幅が劇的に広がり、企業や組織の一人ひとりの「レバレッジ」が増したこともあって、誰でも、どんなもののマーケティングにでも影響を及ぼせる時代になった(レバレッジとは「てこの原理」と同じで、「小さな力で大きなものを動かす」作用のことだ。自分以外の人の力、と言い換えてもいいだろう)。
 本書ではさらに新しい事実を伝えたい。「現代は誰もがマーケター」であるばかりか、「誰もがリーダーの時代」だ。トライブや愛好家の集い、サークルが爆発的に増え、誰でも望めば変化を起こせる時代になった。
 リーダーがいなければ、フォロワーもいない。
 だから、もう一度言おう。世界はあなたを必要としている。

 『トライブ』 第1章より  セス・ゴーディン:著 勝間勝代:訳  講談社:刊

 そういう意味では、すでにツイッターでフォロワーのいる人は皆、それぞれの「トライブ」のリーダーになりうると言えます。

 インターネットの普及とソーシャルメディアの力。
 それらのおかげで、今では国境や人種を超えて無数のトライブが活動し、世界を変える大きな力となります。
 この動きは、今後ますます力強くなっていくでしょう。

スポンサーリンク

「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いは?


 集団がトライブに変わるために必要なもの。
 それは、「共有する興味」「コミュニケーションの手段」、それと「リーダーシップ」です。

 ゴーディンさんは、トライブに必要なリーダーシップを、「マネジメント」という言葉と比較して以下のように説明しています。

 マネジメントの極意は、設備や人材をうまく使って、職場を効率良く稼働させることだ。「バーガーキング」のフランチャイズ店はマネジャーを雇う。マネジャーは与えられた設備や人材を使って、利益を出すためにできるだけ安いコストでその期待に応じる。
 いっぽうリーダーシップの極意は、自分の信じる変化をつくり出すことだ。

 私の手元にある類語辞典は、「リーダーシップ」の同義語に「マネジメント」を挙げている。以前はそうだったかもしれないが、今は違う。
 マネジャーには従業員がある。リーダーにいるのはフォロワーだ。
 マネジャーは規格品をつくり出す。リーダーがつくり出すのは変化である。
 そう、リーダーは変化をつくり出す。新しいものが生み出されるムーブメントには、何よりもリーダーが必要だからだ。

 『トライブ』 第2章より  セス・ゴーディン:著 勝間勝代:訳 講談社:刊

 リーダーの「何かを変えよう」という強い信念。
 それがフォロワーを引き寄せ、トライブを形成する求心力となります。
 集団の規模よりも、トライブを率いるリーダーの信念の強さが重要です。

リーダーとなることを恐れるな!


 ゴーディンさんは、人々をトライブのリーダーとなることを妨げる最も大きな要因は「自分の中にある恐れの感情」であるとして、以下のように述べています。

 トライブがイノベーションに報い・・・・・
 ・・・・先頭に立つ人間が幸せならば・・・・
 ・・・・なぜ、リーダーになる人が少ないのだろうか?
 それは怖いからだ。
 私はこれまで、素晴らしいアイデアを持つ、数え切れないほど多くの人たちと出会ってきた。数千人、いや数万人はいたかもしれない。まあまあ優れたアイデアもあれば、文句なしに素晴らしいアイデアもあった。ごく普通の人でも、かなり簡単に常識破りのアイデアを思いつくものだ。アイデアは足りている。
 足りないのは、アイデアを実現する意志である。
 優れたアイデアが2つある時、いつもベストのほうが勝つとは限らない。それどころか、勝利を収めるのは、実現するぞという意欲に燃えた、恐れ知らずの“異端者”の姿がちらつくアイデアのほうなのだ。

 『トライブ』 第2章より  セス・ゴーディン:著 勝間勝代:訳  講談社:刊

 人々を共感させるのは、アイデアそのものより、その人自身の強い思い入れです。

たった1人で世界を変えられる


 トライブを率いるリーダーには、肩書も権力も必要ありません。
 有名であるか、無名であるかも問題ではありません。

「トライブを率いたい」「世界を少しでも変えたい」

 重要なのは、そんな強い信念を持ち続けられるかだけです。

 次の2つを心に刻んでほしい。
 第1に「現代は、個人がこれまで以上に大きな力を手に入れた時代」だ。たった1人の力が業界を変えられる時代。たった1人の力で闘いに挑める時代。たった1人の力が、科学や政治やテクノロジーを改革できる時代である。
 第2に「現状を打ち破る人間になることをためらうのは、信念が足りないから」だ。自分はできるという信念。変化を起こす価値があるという信念。失敗しても、それで自分がダメになるわけではないという信念である。
 変化を阻む力は強く働く。システムや組織や規範は、現状に挑もうとする人間を思いとどまらせてきた。社会はシステムを強化し、システムを打ち破ろうとするクレイジーな人間を「異端者」と呼んできた。そして、異端者を“火あぶり”にすることで規範を守ってきたのだ。
 だが世界は変わった。今や異端者はどこにでもいる。異端者の力が増し、火あぶりには効果がなくなった。その結果、優れた人や使命を帯びた人、アイデアを抱いた人がますます変化をもたらしている。
 政治でも金融の世界でも、戦争においてさえ、システムは非対称になった。
「数が力の時代ではなくなった」のだ。それどころか、規模は時に邪魔ですらある。
(中略)
 現代は異端者をリーダーと呼ぶ時代なのだ。

 『トライブ』 第5章より  セス・ゴーディン:著 勝間勝代:訳  講談社:刊

 
 現代は異端者をリーダーと呼ぶ時代

 人と違うことが、価値を生み出す時代となったということです。

 今までの価値観では上手くいかない状況があちこちで発生している世の中です。
 誰もが受け入れられる平均的なありきたりな考えは注目されないし、周囲の人々を引き付けられません。
 現在、多くの影響力を与えているトライブのリーダー達は皆、個性的で独創的な考えを持っています。

 賛同する人も多いリーダーほど批判される。
 それは多くの注目を集めて証拠ですし、興味を引く信念を持っているということです。

さあ、前に進もう!


 ゴーディンさんは、今すぐトライブのリーダーになる決断をするよう、私たち読者に促します。

 トライブを率いるか否か、あなた自身が選択する。信念を持つかどうかの選択も、あなた自身にある。トライブに貢献するかどうかを決めるのもあなたなのだ。
 自分はトライブを率いるのにふさわしい人間ではない、という理由があるのだろうか?資質や権限がない? リーダーたるべき遺伝子や意気込みが不足している?確かにそうかもしれない。しかし、だからどうだというのか?それでもあなたは選択することができる。
 トライブを率いると決めたら決めたで、その後も、考え直したい、信念を曲げたい、放り出したいというプレッシャーに押し潰されそうになる。もちろん、そうだろう。それはよくあることなのだ。何かがあなたを大人しくさせ、後ろにつき従わせようとしている。現状が現状としてはびこるには、それなりのわけがあるのだ。
 だがいったん率いると決めたら、実はそれほど難しくないことに気づくだろう。選択肢は明らかなはずだ。そう、あなたは目標へとたどり着くことができる。
 さあ、前に進もう!

 『トライブ』 第10章より  セス・ゴーディン:著 勝間勝代:訳  講談社:刊

 自分の考えをはっきり言葉にし、表に出す。
 そうすることで、意外なところから共感者(フォロワー)が現れるものです。
 その人は、名前も知らない遠く離れた所に住む人であるかもしれません。
 インターネットが普及した現在は、そんなことは当たり前のように起こります。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

「点」と「点」がいくつも結ばれ、トライブとなった時、世の中を変える力となります。
 待っているだけでは何も変わりません。

 自ら行動すること。
 全てはそこから始まります。

 皆さんも本書を読んで、その1歩目を踏み出す勇気を持つところから始めてみませんか?

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA