【書評】『30代にしておきたい17のこと』(本田健)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 本田健さんの『30代にしておきたい17のこと』です。

 本田健(ほんだ・けん)さんは、コンサルタント、作家です。
 経営コンサルティング会社やベンチャーキャピタル会社などを経営する「お金の専門家」として活躍中です。

30代という「分岐点」


 30代は、人生がダイナミックに変化していくときであるとして、価値観がバラけていく年代です。

 本田さんにとって、30代は、これまでの人生でもっとも楽しかったこと、もっとも悲しかったこと、最もうれしかったことのすべてを体験した10年でした。

 がむしゃらに駆け抜けた20代とは違って、30代では、自分のことを落ち着いてみられるようになりました。また、自分のいいところ、悪いところなどを等身大に理解できるようにもなりました。
「自分はこんな人間だ」と思っていたことが、いろんな意味で裏切られました。そして、「これぐらいできて当たり前だ」と思っていることができず、「こんなことはできるはずがない」ということが、次々と実現していきました。
 将来、「人生でもっとも面白い10年だった」と振り返ることになるのではないかと思います。

  「30代にしておきたい17のこと」 はじめに より  本田健:著  大和書房:刊 

 人生の折り返し地点でもあり、分岐点でもあるのが、30代です。

 本書は、本田さん自身の経験から、30代のうちにやっておくべきことをまとめた一冊です。
 その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク
[ad#kiji-naka-1]

運のいい人には、独特のリズム感がある


 本田さんは、運のいい人には、独特のリズム感があると述べています。

 彼らは、自分の大好きなことを仕事にしていて、楽しくやりながら、経済的にも恵まれた生活をしています。
(中略)
 彼らの特徴は、静かなワクワク感を持って生きていることです。自分の深いところからわき出てくる情熱をベースに、大好きなことを追いかけているのです。自分の専門分野を持ち、たくさんの人から応援されながら、毎日をエンジョイしています。
 彼らは、毎日、自分がワクワクするかどうかを基準にして生きています。
 いつも、自分にとって大切で楽しいことしかしないので、幸せで平安な毎日です。
 その雰囲気が、何ともいえない魅力を放って、人を惹きつけることになります。結果的に、その人が何かをやるとき、助けたい、応援したいという機運を生み出すのです。
 これが、運の本質です。「応援されやすい人になる」ことが運をつくり出すのです。

  「30代にしておきたい17のこと」 第10章 より  本田健:著  大和書房:刊 

「運も実力のうち」です。
 とはいっても、「運」を掴むには、日頃の行ないが重要です。

「応援されやすい人」になる。
 そのために、日々努力すべきということです。

「0.9の人」だけとつき合ってはいけない


 本田さんは、30代は、20代よりつき合う人を慎重に選ぶべきだと述べています。

 パートナーや仲間を選ぶときに、気を付けるべきこと。
 それは、「0.9の人」とつき合わないことです。

 誰も、ゼロやマイナスの人とつき合ったり、かけ算する人はいないでしょう。
 でも、「0.9の人」とはつき合ってしまうのです。特に、自分に自信のないと、ついこの種の人間とかけ算しようとします。
 自力で道を切り開くのではなく、まわりが何とかしてくれるのを待っているようなタイプが、この「0.9の人」です。
 こういう人と付き合うと、長いあいだのかけ算のうちには、自分は下がっていきます。
「0.9の人」がもしも5人いて、一緒に仕事をしたら、あなたの才能はどうなってしまうでしょうか。たった数人のかけ算でも、半分になってしまうのです。

  「30代にしておきたい17のこと」 第14章 より  本田健:著  大和書房:刊 

 才能は、掛け算。
 つまり、掛け合わせる数字によって、自分の才能を大きく超えることができます。

 つき合う人を選ぶことは重要です。
 何より、自分自身が「0.9の人」にならないよう、肝に銘じたいですね。

人生の目的を知る


 本田さんは、30代に入ると、結婚したり、親や親しい親戚を見送ったり、子供が生まれたりする経験から、自然と命について考えるようになると述べています。

 そして、この地球で過ごす自分のこれからの時間についても、真剣に考えるようになるでしょう。忙しい日常の中で、「いったい、自分はなにをやっているのだろう?」とむなしくなることもあるかもしれません。
 また、本当にやりたいことが見つかって、それに向かって、全力投球を始めている人もいるでしょう。
 そのように、30代では、現実的な人生と向き合って、これまで以上に、生きる目的を考えるようになっていると思います。
(中略)
 人生の目的というと、大げさな感じがしますが、要は、何を大切にするのかです。家族との関係なのか、ライフワークなのか、個人的な夢なのか。自分にとってかけがえのない、とっても大切なもの、それが人生の目的です。
(中略)
 朝起きて、心からやりたいことがあるのは、とても幸せなことです。世界中の人がどう考えようと、あなたが本当に大切にしたいものを見つけてください。
 そして、それを中心に毎日を送ることができると、あなたは、この世界でももっとも恵まれた、幸せな人になれるでしょう。

  「30代にしておきたい17のこと」 第16章 より  本田健:著  大和書房:刊 

 20代では意識しなかった、自分に残された「時間」。
 30代では、それを突きつけられる場面が増えます。

 その後の人生のために、目的をしっかり決める。
「自分が心からやりたいこと」は何かを、見つめ直す。

 仕事でも、プライベートでも、余裕がなくなりがちな30代。
 だからこそ、必要ですね。

30代を振り返るときがきたら


 本田さんは、さまざまな重荷を背負って忙しい日常を送る、世の30代に向けてエールを送ります。

 30代は、人生でもっとも悩むことも、迷うことも多い10年になるでしょう。でも、だからこそ、人生で最も楽しめる時代です。
 将来、自分が70歳になったときを想像して、30代のことを振り返ってみてください。いまの苦しい状況も、70代のあなたから見たら、ほろ苦く、そして甘い思い出になっているはずです。いまが楽しい人は、心からそのすばらしさを堪能してください。

  「30代にしておきたい17のこと」 おわりに より  本田健:著  大和書房:刊 

スポンサーリンク
[ad#kiji-shita-1]
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 今の苦しみも、時が過ぎれば、いい思い出に変わります。

 でも、忙しい日常に流されるだけでなく、たまには、ゆっくり時間をとる。
 そして、将来の自分について、思いを巡らせたいですね。

「40代以降のなりたい自分」

 それをイメージして、希望を持って「花の30代」を乗り切りたいですね。

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです) 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA