【書評】『「奇跡のループ」のつくり方』(Mayu)

LINEで送る
Pocket

お薦めの本の紹介です。
Mayuさんの『ミラクルが止まらない「奇跡のループ」のつくり方』です。

ミラクルが止まらない「奇跡のループ」のつくり方 「自分軸」で本当の自由を手に入れる!


Mayu(マユ)さんは、スピリチュアル・トラベラーです。

「変わりたい願い」を「奇跡レベル」で叶える!

「自分を変えたい」
「生まれ変わりたい」

人間誰しも、多かれ少なかれ、そんな感情を抱いています。

とはいえ、現実を変えたいと願っていても、思い通りにいかない人は多いことでしょう。

Mayuさんは、あなたは、「新しい自分」になれる、しかも、あなたが今何歳だとか、どんな状況にあるかなんて関係なく、変われると強調します。

 私は、「Mayu 1111」というチャンネルで、タロットカードのリーディングをとおして、みなさんが本当の自分につながるヒントを発信しています。
つまり、今は「スピリチュアル」という分野で活動しているわけですが、もともとはまったくの別分野にいました。アメリカで公認会計士の仕事に就いていて、会社を経営していたこともあります。
そしてそのころの私は、なんと、スピリチュアルや占いに抵抗感を持っていました。
それも、けっこう強い抵抗感です。怪しい、胡散臭(うさんくさ)い、甘い話を持ちかけられても、私はだまされない・・・・・! と、思っていたんです。

そんな私が、これから「奇跡」それも「奇跡のループ」について語ろうというのだから、びっくりですよね。なぜそんな大変化が起こったかはあとでお話するとして、まずお伝えしたいのは、
「この本を読んで起きる奇跡は、怪しくも、胡散臭くもない」ということです。
なぜなら、この本を読む一人ひとりが、そうなるべくして生まれてきた姿、つまり「ありのまま、本来の自分」になることーーこれが、私の言う「奇跡」だからです。

「それのどこが奇跡なの? 当たり前のことじゃない?」
と思われた方、本当にそうでしょうか? 今のあなたは、「私はありのままの自分そのもので、私と私の心はぴったり一致している」と、心から言えますかーー?
もし今、あなたの心が「ちょっと待って、そう言われると自信がないかも・・・・・!」と反応したなら、ぜひ、この本を読んでみてください。

「ありのままの自分」でいることは、実は簡単ではありません。
多くの人は、生きているだけでそれを見失ってしまうのです。

世の中にはいろいろなルールがあるし、空気を読んだほうが良さそうな雰囲気もあちこちにあって、優しいあなたはつい、「周囲の望む自分」「周囲がイメージする自分」になろうとしてしまいます。
一見ワガママで、奔放にふるまっている人の中にだって、実は「そのキャラを演じているだけ」という人がたくさんいます。

ほとんど意識もしないまま、日々、家で、学校で、会社で、「自分を曲げる・隠す」作業を積み重ねてしまう生活。「ありのままの自分」は、そのたびにダメージを受け、心の奥の奥のほうに隠れてしまいます。
こういう人生を20〜30年も送れば、誰だってへとへとのボロボロになります。
私も、やりました。へとへとのボロボロ。あのときはもう、再起不能に思えました。
(中略)
この本で紹介する方法のすべては、私が自分の人生で、大切に拾い集めてきたもの。だから、自信を持ってお届けします。できそうなもの、気になったもの、それから、できれば「これだけは無理!」というものも、一つずつ試してもらえたら、きっと自分に少しずつ、ときには劇的に、変化が起きるのを感じるはず。
数々の変化は、やがて奇跡に成長します。

そして、本のタイトル通り、奇跡はループするーー。
たった一つ。小さな奇跡が起きた瞬間から、あなたにラッキーやハッピーが立て続けに起きることになるでしょう。
なぜなら、その奇跡が起きたのは、「あなた自身が変わったことによる」から。
神社などにお参りしたから、とか、たまたま運がいい時期だから、じゃなくて、あなた自身が変わったことで、幸運や幸せが寄ってくる。
つまり、自分が変わったことによって起きる奇跡は、誰かに止められることも、何かに阻まれることもなく、ずっとずっと続くのです。

そのために根本から自分を見直し、変えていく方法だから、簡単なものばかりじゃないけれど、だからこそ、その効果は絶大! 慌てず、焦らず、自分のペースで取り組んでみてください。

この本を通して見つけ出していく「ありのままの自分」は、現時点のあなたが考えている「なりたい自分」や「やりたいこと」と一致しているとは限りません。
先に答えを書いてしまうと、十中八九、それをはるかに超えているはず。
そして、想像もしないことが起こります。戸惑うこと、びっくりすることもたくさんあると思います。でも、新しい自分と歩き出す人生は、間違いなく幸せです。

これまで、たくさん自分を押し殺してきたあなたへ。
今、自分が見えなくなっているあなたへ。
未来に希望が持てないあなたへ。
自分を愛せないあなたへ。


私のメッセージが届くことを願っています。

『ミラクルが止まらない「奇跡のループ」のつくり方』 はじめに より Mayu:著 KADOKAWA:刊

本書は、Mayuさん自身の体験から人生をリセットして、埋もれに埋もれた「ありのままの自分」を掘り起こし、本当に送るべき人生を取り戻すためのノウハウをまとめた一冊です。
その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク
[ad#kiji-naka-1]

誰にでも「スイートスポット」はある!

Mayuさんは、「本来の自分」になるときに不可欠なもの。それは「自分軸」だと指摘します。

自分軸は、まだ見つかっていない「ありのままの、本来の自分」が持つ基準のことです。

自分軸を探すうえで、鍵となるのが「スイートスポット」です。

「(辛くても)頑張るぞ」と思わなくても、夢中でやれること。
あなたにも必ず、そういう「スイートスポット」があります。

もし、今している勉強や仕事、人間関係などが「頑張らなくちゃ」と日々思うようなものなら、そこはスイートスポットから外れています。
さらに言うと、無理して頑張っているその場所は、あなたではない「ほかの誰か」のスイートスポットです。その場所にもっとふさわしい人がいるのに、あなたはわざわざ辛い思いをしながら、その席を奪っているんです。

こう話すと、かなりの確率で「私にはスイートスポットなんかありません」という答えが返ってきます。それは、探し方が悪いだけです。自分のスイートスポットの見つけ方についてはあとで書きますが、ここでは簡単な目安を二つ。

まずは、「夢中になれること」。本を読んでいるときは没頭できるとか、楽器を弾(ひ)いていると時間を忘れるとか、そういったことは間違いなくスイートスポットです。
二つ目は、「苦もなくできること」。ほかの人は、「頑張らないとできない」のに、あなたは頑張らずにできることはありませんか?
学校の勉強やスポーツや仕事だけではなく、広い視野で考えてみてください。
早起きが平気だったり、道に迷ったことがなかったり、荷物の梱包(こんぽう)が素早くキレイにできたり、調味料を目分量で量っているのにピタッと味が決まったり、新人タレントの「売れる・売れない」の予測がいつも当たったり・・・・・
いくつか例を挙げてみたけれど、ほかのどんなことでもいいんです。
小さなことでもいい。自分だけの「実は持っている能力」を、ぜひ探してみてください。そこに、あなたのスイートスポットが隠れています。

スイートスポットは、職業に結び付くものとは限りません。
「すごく幸せ」という気持ちになれるなら、かたちはなんでもOK。
趣味であれボランティアであれ、その能力を生かしているときは夢中になれる。幸せにれる。その時間をいかに多く持つかで、人生は大きく変わります。

結果的に、それが仕事に結び付くことも多々あります。
仕事に結び付けるには、アウトプットにバリエーションを持たせることが有効。
能力の生かし方は、一つだけではありません。同じ能力を別の方法で表現したり、場所を変えて試したりしてみましょう。
すると、趣味でやっていたつもりでも、思わぬところからチャンスが巡(めぐ)ってきます。

「私は、好きなものはあるけれど、下手の横好きだからダメだ。能力とは言えない」と思ったあなた、早とちりです。
まず、「能力はない」というその決めつけを捨てちゃいましょう。
能力って、「技術が高い」ことだけではないんです。「あなたにしか出せない持ち味」があるなら、それこそが能力です。


私は歌が好きで、シンガーを目指した時期がありました。
学校に通ったこともあったのですが、周りは上手な人ばかりで、「私なんか全然敵(かな)わない」と思って退散。その後20年、歌うことから離れていました。
「歌うならば上手でなくちゃ」「やるからには職業にしなきゃ」という固定観念に縛られていたんですね。
今はもう、そんなこだわりはナシ。歌うのが好きだから、よく歌っています。
YouTubeを見てくださっている方ならご存じでしょう。話をしながら、思いつきで歌い出すことがありますよね(笑)。

固定観念の鎖をリセットできたのには、理由があります。
前章でお話した、ジャズのライブハウスで働いていたときのこと。ある日、お店の人やお客さんから「歌って!」と言われたのです。

めちゃくちゃ尻込みしました。
「全然上手じゃないし、もう20年以上も歌ってないし・・・・・」と。
そのとき、あるお客さんがこう言ったんです。

「あなたが上手か下手かを見たいんじゃなくて、あなたらしさを見たいんだよ」と。

目からウロコでした。みんなが求めているのが「技術」だけなら、よほど上手な人しか歌えませんよね。タロットカードだってそう。「技術」や「お作法」だけを求める人ばかりなら、私のチャンネルが選ばれることはないでしょう。
でも「私にしか出せないもの」を求められているのなら、誰でも、私も歌えるし、リーディングもできる。それでみんなを楽しませることができる。
私の歌は調子っぱずれだったと思いますが、熟練のジャズミュージシャンのみなさんが見事に合わせてくれて、お客さんの拍手もとても温かく、幸せな時間でした。
あの時間を通して、「自分自身を表現する喜び」を知ることができたのです。

もう一つ、このときに得た教訓があります。何かをやりたいときは、「上手になってから」と思わずに、すぐ実行に移すこと、という教訓です。
歌、文章、絵や写真、ダンスや楽器。心惹(ひ)かれる表現手段があったら、すぐにやってみましょう。海外旅行や留学にしてもそう。「言葉がしゃべれるようになってから」なんて言ってないで、行きたいと思ったら行ってください。
私がタロットを始めたときもそうでした。解説書をざっと読んだだけで開始したけれど、今、こうしてみなさんと幸せなコミュニケーションができていますよね。
自信がない?
なくてもやるんです!

「やったことがないから」は、「やらない理由」になりません。そんなことを言っていたら、今の時点でやったことがないものを何一つ試さないうちに、人生が終わってしまいます。あなたの心が「やってみたい!」と言っているなら、なんとしても叶えてあげなくちゃ。一歩踏み出してしまえばその先に、楽しさや喜びが待っています。

『「奇跡のループ」のつくり方』 第1章 より Mayu:著 KADOKAWA:刊

スイートスポットを知ることは、もちろん大切です。
しかし、それ以上に大事なのは「行動に移すこと」です。

「恥ずかしい」
「失敗したらイヤだ」

そんな心の中の壁を乗り越えた先に、奇跡のような人生が待っています。

「スイートスポット」が見つからない理由

スイートスポットは、誰にでもあるものです。
とはいえ、「やりたいことが見つからない」という人が多いのも事実です。

Mayuさんは、そんな悩める人たちに次のようなアドバイスを送っています。

 これはそもそも、そのことを「問題だ」と思っていることが問題!
やりたいことがないなら、とりあえず「何もしない」のが一番。そういう自分を、肯定してください。「自分はダメな人」と、思わないでください。
働いてないとダメとか、世の中に役立ってないとダメとか、世間にはそういう価値観がなんとなくありますよね。でも、そんな他人軸に振り回されなくっていいんです。
自分を責めないで。焦らないで。あなたは、全然悪くないです。

今、「やりたいことがない」と感じるのには、わけがあります。
理由は「ガス欠」、これに尽きます。
エネルギーが底をつきかけていて、赤いランプが点滅している状態。つまり、「〇〇したい」なんて言える状態じゃないんです。
「でも私、そんなに苦労した覚えはないけど」
「深刻な事情があるわけじゃないし、人並みのはずなんだけど・・・・・」
「普通に生きているだけなのに、エネルギー不足なんてなる?」
なるんです。普通に生きてきた中で、あなたはエネルギーを使いまくったのです。
これまで何十年も他人軸に合わせてきたなら、すり減っていて当然。
我慢して、気を使って、自分を曲げて・・・・・疲れるわけです。あなたは自分を「普通に生きていただけ」だと思っているかもしれない。でもそれ、大間違いです。
あなたはずっと戦ってきた。だから、へとへとになっているだけ。
そんなときに「やりたいこと」がどうとかなんて、考えられるわけありません。
行動や決断なんて、疲れきったときに考えなくていいから!


今、あなたに必要なのは、休むことです。無理してきた自分を「大変だったね、辛かったね」といたわってあげて。寝たいだけ寝るもよし、過去を振り返って泣くもよし、「モンスターノート」にひたすら書き殴るもよし。気が済むまで、何日でも何か月でも、自分と付き合ってあげて。
その間、「やりたいことはいつ出てくるんだろう?」なんて考えるものナシですよ。
放っておいても、エネルギーが充填(じゅうてん)されたら、絶対に出てきますから。
ここでも、自分を信じることが大事です。
やりたいことだらけで、いくら時間があっても足りなかった子供時代。
あのころのエネルギーは、必ず自然に戻ってきます。

そう信じて、まずは休んでくださいね。

しっかり休んで、エネルギーが充填されたのに、スイートスポットが見つからないこともあります。それにも、明確な理由があります。
視野が広くなっていないからです。
これまでの人生で目にしてきた選択肢の中だけで、考えようとしていませんか?
受けてきた教育、修めた学問、読んできた本、やってきた仕事のジャンル、家族や友人知人が就いている職業・・・・・これらが「選択肢の全部」だと思っていませんか?
でもそれ、かなり偏っています。偏った視野の中に、たまたま、スイートスポットがなかった、ということです。世界はもっと、ずっとずっと広い。

世間が提示してくる選択肢は、そもそも狭いんです。
誰かから「あなたが得意なのは、英数国理社のうち、どれですか?」と言われて、「音楽・・・・・」ってなること、ありますよね。もっと言えば、「掃除」「聞き上手」「アイデア出し」「勘がいい」だったなら、なおさら答えに困ってしまいます。
私も、今の自分に出会うまで、ずっと困っていた気がします。「スピリチュアル」なんて選択肢は学校で習わないし、職業選択のときにも視野に入りません。
私以外でも、スピリチュアル系にスイートスポットがある人は、見つけづらくて苦労していると思います。心理学など、似て非なるジャンルの本を読んだり、職業にしたりする人も多いけど、「なんか違う」というモヤモヤ感を引きずっていたり。
そんな困った状態を抜け出すには、「今までと違うこと」を人生の中で増やしていくことです。全然自分らしくないこと、やりたいこととは逆のこと。
これまでと「真逆」を意識してください。意識してやれば、自分らしくないことだって、ちょっとハードルがあっても苦痛ではありません。

振れ幅を大きくする。これは、自分を解放する大切な秘訣です。

やってみてほしいのは、相談相手を「知らない人」にすること。たとえば、占い師さんとか、新しいクラスや職場で出会ったばかりの人とか。
これまで、相談は家族や親しい友人にしてきた人が多いと思うけれど、近しい人は、これまでのあなたをよく知っているのが「弱点」なんです。
「あなたの性格なら、これが合うんじゃない?」
「この仕事なら、これまでやってきたことが生きるんじゃない?」
「このジャンル、きっとあなたは好きだと思う」
「これ、すごくあなたっぽい。ピッタリだよ」
と、以前のあなたの「連続」のような選択肢しか、レコメンドしてくれません。

その点、あなたをまったく知らない人のアドバイスは新鮮です。
「なんで!?」と驚かされること、「そんな見方があったか」と気づかされること、「まさか!」と思うような突飛なこと、それでいて、妙に心に引っかかること・・・・・
意外なかたちで、ヒントをもらえる可能性大! ぜひ試してみてください。

『「奇跡のループ」のつくり方』 第2章 より Mayu:著 KADOKAWA:刊

これまでの学校教育を含めた、社会全体の価値観が「周りと同じこと」を強制するものでした。

「世間の常識」という狭い鳥かごの中で、

「自分らしく動き回ろう」

そう思っても、窮屈で息苦しくて、エネルギー不足になってしまっても仕方ありません。

鳥かごの外には、無限の大空が広がっていること。
そして、鳥かごの窓はすでに開いていること。

それに気付くことが、自分軸で生きる最初の一歩だということですね。

「コンフォートゾーン」から出てみよう!

「運のいい人」は、次の「法則」を知っている人です。

「自分の中に全部の可能性があって、その中で何を選ぶのも自分次第だ」

Mayuさんは、あなたが心がけ、一歩進むごとに、視野は広く、クリアになり自分の両手にすべての可能性があって、幸運がオーダーし放題であることも、必ずわかってくると指摘します。

「オーダーする」とは、つまり「自分で動く!」という意味でもあります。

 幸運を求めて行動するというと、「神社やパワースポットに行く」みたいな行動を思い浮かべる人もいますよね。でも、私が「動いて!」と言う意味は、全然違います。
またびっくりされると思うけど、私の「動いて!」は、
「傷ついたり、恥をかいたりする可能性がある行動をしましょう!」
という意味です。神社にお参りしたって、恥はかかないでしょう?

今までの「自分らしさ」とは、違うことをしてみましょう。
あなたがインドアならアウトドアを体験したり、これまでの自分と離れてみましょう。不得意なことや、コンプレックスのあることをやってみるのもいいですね。歌が下手だけどカラオケに行くとか、英会話が苦手だけど外国人と話してみるとか。
下手くそだったり、失敗したり、慣れない場所では恥もいっぱいかくけれど、これまで知らなかった自分と出会うことができます。

いつもしていること、何も考えなくて良い作業、楽できる場所ーーつまり「コンフォートゾーン(安全地帯)」を踏み出したとき、奇跡は起こりやすくなります。

これまでと違う世界、合わなかったタイプの人、知らなかった自分と出会うことで、無意識に自分にはめ込んでいた枠を、揺さぶることができるからです。
恥をかくけど、傷つくけど、そのぶんだけ、怖いものがなくなります。
そんなの、怖すぎてできない? ここはバーンと打って出て、向こう傷をたくさんつくってもらいたいところではありますが・・・・・
あまりに怖かったら、「少しずつ踏み出す」作戦でいきましょう。
たとえば、私が引きこもりから脱出するときやったように、コンビニでいつも買っている飲み物や、おにぎりを別の種類にしてみるとか。おやつにケーキを買うんじゃなくて、自分でつくってみるとか。
「あ、意外と美味(おい)しい!」と思えたら、好きなものが増えますね。
「うーん、やっぱりマズイ」って思ったとしても、得るものはあります。
ちょっと、自信がつくんです。「自分の手で枠を少し広げたんだ」という自信が。

それができたら、次は少しレベルアップします。
「なじみのないジャンルの音楽を聴く」「読んだことのない雑誌を読む」など。40代だけどティーン向けの雑誌を読んでみる。20代女性だけどミドル男性向けのビジネス雑誌を読んでみるなど、ここでも自分とかけ離れた属性のものを選んでみましょう。
違う世界をのぞくと、知らなかったことを知ることができます。そこには必ず、何かしらの気づきやヒントがあります。
「今の高校生ってこんな感じなんだ。でも、ここは私も同じだったかも」
「職場のおじさんたちはこんなこと考えて仕事してるんだ。このノウハウは、私のアルバイトに置き換えたらこうかも」というように。

その調子で、次はさらにレベルアップを。
異世代・異文化の人と実際に交流できるコミュニティに属してみる、とか。生身の人間相手だから、そろそろ「恥をかくかもしれないゾーン」に入って来ましたね。
でももう、最初ほど怖くはないでしょう?
こうやって、「自分の枠」の外側に、新しい点をたくさん打っていきましょう。
その経験、点の数が増えれば増えるほど、枠そのものが広がっていきます。


『「奇跡のループ」のつくり方』 第3章 より Mayu:著 KADOKAWA:刊

いつもと同じことをして、いつもと同じ場所に行って、いつもと同じものに触れている。
それでは、現実が変わることは、期待できないですね。

自分が慣れ親しんだ領域の外に足を踏み出してみる。
その積み重ねが、幸運体質を引き寄せます。

できるところから少しずつ。
一歩踏み出す勇気を持ちたいですね。

「悪いエネルギー」をその場でリセット!

Mayuさんは、難しくない、ちょっとした工夫で運気が上がって、奇跡を一気に引き寄せられるとして以下のような方法を紹介しています。

・窓を開けて換気する
「やることがなぜか裏目に出る」「どうも調子が出ない」人におすすめ。
そんなとき、一番簡単なのは、窓を開けて風を通すこと。窓は一つだけじゃなくて、二つ開けると空気の流れができます。リビングとベッドルーム、みたいにね。
部屋の中に淀(よど)んでいたエネルギーを、パッと入れ替えましょう!

・手を洗う
私は、リーディングの前に必ず手を洗います。1〜2分ほど時間をかけて、丁寧に。
流れる水には浄化の作用があり、流水に触れると、心の澱(おり)も洗い流せます。
落ち着かない気分のとき、ちょっと緊張しているとき、大事な仕事を始める前のモードチェンジに最適。気持ちをクリアにして、淀んだ気持ちをリセットしましょう。

・ジャンプをする
モヤモヤする、イライラする、煮詰まっている・・・・・そんなときは、体の中に悪い気が溜まっています。この悪い気は、「足から」抜くことができます。
足裏マッサージに行くのもいいけれど、自分でやるにはどうするか。一番効果的なのは「ジャンプ」です! その場でぴょんぴょん飛ぶだけだから、なんの用意もいらないし簡単です。着地した瞬間、足の底から悪い気が抜けていくのをイメージして。
場所によってジャンプできないときは、椅子に座った状態で両足を上げて、パッと力を抜いて下ろしましょう。ジャンプに比べると効果は半減するけれど、足の裏に刺激を与えることで、同じ効果が得られます。

・回る、揺れる
イヤな人や出来事から「強いネガティブオーラを受け取ってしまった!」と感じたら、「回る」「揺れる」のがおすすめ。
私も動画でやっていることがありますが、回転する椅子に座って数回くるくる回るだけで、ネガティブな気を発散させられます。オフィスなら、椅子はたいてい回るタイプですよね。仕事のストレスは、これで飛ばしましょう。
ブランコも、揺れ動く運動が邪気を飛ばしてくれます。近くに公園があったらこいでみて。子供心に帰って気分一新!

私は毎晩、寝る前に必ず、口に出して「ありがとう」と言います。
たった一言だけど、この「ありがとう」はいろいろなものに向けられています。
まず、自分の体。今日も1日働いてくれてありがとう、ハードな1日を乗り切ってくれてありがとう、という気持ちを込めて。
体の中で生きている、微生物たちにも「ありがとう」。私の血液、腸、心臓、皮膚、さまざまな組織が働けているのは微生物たちのおかげ。
それから、誰なのか、何なのかはわからないけれど、私を私として生かしてくれる、何か大きなものへの感謝。今日も素敵な人たちに会わせてくれてありがとう、美味しいものを食べさせてくれてありがとう、など、その日にあったことのお礼を言います。
部屋の照明を消して、目を閉じて「ありがとう」と言うと、不思議なんだけど、真っ暗なはずの視界に、小さい光がともります。私だけかもしれないけど、なんだか、「いいよ、そんなの」って、言っているように見えるんです。

朝は朝で、「今日もよろしくね」と言います。「今日はこんな人に会うよ」「〇〇座さんのリーディングをするよ」みたいに、今日やることを思い浮かべながら、よろしくね、と。このひと言でスイッチが入って、本当にすごいリーディングができちゃったりするんです。みなさんがお仕事をする前、学校に行く前にも、きっとこの一言が効果を発揮しますよ。

毎日生きている中では、いろんなことでエネルギーを吸い取られています。人間関係なんて、その最たるものです。体調不良も、エネルギーが体からこぼれ落ちてしまう原因です。体調を整えるには、何よりもまず食事、ということはすでに書きました。
ほかに見落としやすいのが、スマホやWi-Fiの電波や光。体にも気にも影響を与えて、体と心から少しずつエネルギーを奪っていきます。
なんだか、やる気がでないなあと毎日のように思っている人は、夜寝るときに、スマホとWi-Fiを切りましょう。眠る直前までスマホを見るのは厳禁です!
エネルギーが漏れる「穴」をきっちりふさぎましょう。
朝の目覚めや、仕事のエンジンのかかり方が変わってきます。

自分の血糖値を測ってくれる装置があるのをご存じですか?
腕にセンサーをつけて、スマホと連動させれば24時間、自分の血糖値がどう推移しているかひと目でわかる優れものです。
自分に合う食事・合わない食事のチェックに、これがあるとすごく便利。
ナッツを食べたらどう変わるか、トマトを食べたらどうなるか・・・・・
一つひとつ、数字で確かめることができます。血糖値が急に跳ね上がったら、それは自分の体にストレスをかけている食品だ、ってこと。
中期的・長期的な推移もわかるので、季節ごとの変化や、月経周期との関係などもつかめます。もちろん、生活習慣病の予兆なんかも素早くキャッチできるでしょう。
自分の体について知り、自分の体にいい食事を摂るためのツールとして、活用してみるのもおすすめです。

『「奇跡のループ」のつくり方』 第4章 より Mayu:著 KADOKAWA:刊

風水学的な考え方からもわかるように、「エネルギーの流れ」という観点から行動することが大切です。

「ネガティブな気」を体の外に流し、「ポジティブな気」を体の中に取り入れる。
日々そんな小さな習慣を取り入れていくことを意識しましょう。

スポンサーリンク
[ad#kiji-shita-1]
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆


Mayuさんは、自分軸を持ち、ありのままの自分で生きる人は、頭や心をよぎる不安ごと受け入れて、前に進むことができるとおっしゃっています。

自分軸を持ち、ありのままの自分で生きる。
そうなればなるほど、現実は自分が望む方向に変わっていく。

そんな上昇スパイラル、つまり「奇跡のループ」に乗ることが、人生を劇的に変えることになります。

今、生きづらさを感じている人、苦しみにもがいている人。
そんな人ほど「本当の自分」を取り戻して、自由に羽ばたける解放感は、大きなものになります。

「夜明け前が一番暗い」

そんな言葉もあります。

今が人生の正念場です。
私たちも、Mayuさんを見習って、暗闇の中でこそ光を求める前向きな姿勢、意志を持ち続けたいですね。

ミラクルが止まらない「奇跡のループ」のつくり方 「自分軸」で本当の自由を手に入れる!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ(←気に入ってもらえたら、左のボタンを押して頂けると嬉しいです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。