【書評】『成功脳』(斎藤一人)

LINEで送る
Pocket

 お薦めの本の紹介です。
 斎藤一人さんの「成功脳」です。

 斎藤一人(さいとう・ひとり)さんは、実業家です。

半分しか歳をとらない理由


 社長を勤めながら、多くの講演をこなし、更に多くの著書を書いている一人さん。
 本書は、「3・11」の大震災後に行った講演の内容を本にまとめたものです。

 最初は「年齢」の話からです。

 この前ね、美容師の方が、「一人さん、髪の毛、染めてますか?」って聞くから、「染めてないよ」って言ったら、めずらしいんだって。
「白髪ありますか?」って聞くから、「何本かあるよ」って言ったら、めずらしいんだって。
 それで、「歳を取らない方法」を話します。
 知りたい?(会場拍手)
 人間ってね、楽しく生きるんです。
 もちろん栄養とか、いるんだよ。
 それは当然のこと。
 それでね、楽しくしていると、一年がすぐ過ぎちゃう。
 楽しくて、一年が感覚的に「半年で過ぎちゃった」と思ったときは、半年分しか歳とらないんです。

 「成功脳」 P9から 斎藤一人:著  KKロングセラーズ:刊

 すでに還暦を過ぎている一人さん。
 白髪が数本で、とても若々しく見えます。
 
 時間というのは、皆に平等に流れているようにみえて、実はそうではありません。
 やっぱり、本人の心掛け次第、ということですね。

 それから、一人さんの考え方は、徹底して、ポジティブ思考、前向きな捉え方をします。
 やっぱり、日本一稼ぐ方は一味違います。

脳を上手く乗りこなせ!


 一人さんは、幸せになるためには、「脳を上手く乗りこなせ!」と強調します。
 脳に前向きな言葉を吹き込めば吹き込むほど、その通りの人生が送れるとのこと。

 とにかく、ネガティブなことは言わない、考えない。
 それも徹底しています。

 脳をうまく乗りこなすんだよ。
 わかるかい?オレは中学を卒業して、すぐ社会に出たんだけど、それを「トクだ、トクだ」って言っているんだよ。
 誰に言うかって、自分の脳に言うんだよ。
 脳に、「オレは中学出で、大学出の人より、七年早く社会に出ているから、トクなんだ、トクなんだ・・・」って、脳に言うと、脳はトクなことを持ってくるんだよ。
 脳は「牽引の法則」と言って、コンピューター以上のものすごい力がある。

 脳は、自分が思ったものを運んでくる力があるんだよ。
 わかるかい?
 だから、「学歴がないと馬鹿にされる」って言ってるのを脳が聞くと、「馬鹿にするヤツ」を連れてくるんだよ。
 脳は、そういう働きがあるんだよ。

 「成功脳」 P60~61から 斎藤一人:著  KKロングセラーズ:刊

「トクだ、トクだ」って言っていればいいの。
「どうトクなんですか?」ってそれは脳が考える。
 トクなことを運んでくるの。
 トクなことを考え出すの。
 脳はそういう働きがあるの。
 幸せになりたかったら、「幸せだなあ」って言ってると、幸せなことを考え出すの。

 「成功脳」 P84から 斎藤一人:著  KKロングセラーズ:刊

 一種の自己催眠のようなものかもしれません。
 自分の可能性を奪っているもの。
 それは、自分自身のネガティブな思考だということです。

スポンサーリンク

☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 最後に、一人さんは、以下のようにおっしゃっています。

 20世紀までが「脳の時代」なんだよ。
 21世紀は「魂の時代」なんだよ。
 魂が脳の主人なんだよ。
 使用人に使われちゃダメなんだよ。

 「成功脳」 P97から 斎藤一人:著  KKロングセラーズ:刊

 脳を乗りこなせば、誰でも幸せになれます。
 ただ、その脳を動かすのは、その人の持つ熱いハート、情熱です。

 魂を燃やして、熱い情熱を持つことが、成功への第一歩。
 一人さんを見習って、目指せ!日本一の高額納税者!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA